フォークリフトの販売・整備、レンタルを行うトヨタL&F福島株式会社は、2019年の台風19号で、本社事務所と整備工場が80~90センチほどが浸水し、主力のフォークリフト約100 台が水に浸かる甚大な被害を受けました。同社総務部の桑原清一さんにこれまでの浸水対策、台風19号による被害の様相、その後の改善、現状の課題などについて、ご発表いただきました。2022年9月13日開催。

【講師】
 トヨタL&F福島株式会社 
 総務部 桑原清一氏

【主な事例発表の内容】
・BCP・浸水対策のこれまでの取り組み
・2019年の台風19号による被害
・被災後のBCPの見直し
・現状の課題

配信期限 2022年11月30日