京セラは16日、製造・販売している化学材料の一部で、化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律(化審法)に違反する登録漏れがあったと発表した。対象製品の製造と販売を停止。製品が原因の健康被害や環境汚染、事故の報告は受けていないという。 

(ニュース提供元:時事通信社)