気象庁は22日午前、日本列島の南方海上にある熱帯低気圧が今後北上し、台風に発達する見込みだと発表した。24日午前には東海地方の沿岸付近に進むと予想される。
 台風はその後、温帯低気圧に変わって東寄りに進むとみられる。同庁は近畿と東海、関東甲信では大雨になる所があるとして、強風や高波とともに注意するよう呼び掛けた。
 23日正午までの24時間予想雨量は多い所で、近畿と東海150ミリ、関東甲信120ミリ。その後、24日正午までの同雨量は、近畿と東海100~200ミリ、関東甲信100~150ミリ。 
〔写真説明〕気象庁=東京都港区

(ニュース提供元:時事通信社)