環境省は29日、神奈川県伊勢原市で衰弱した状態で回収された野生のハヤブサ1羽から、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1亜型)が検出されたと発表した。今季に野鳥で感染が確認されたのは初めて。ハヤブサは25日に回収され、簡易検査で陽性反応が出ていた。 

(ニュース提供元:時事通信社)