陸上自衛隊郡山駐屯地(福島県郡山市)に勤務していた五ノ井里奈さん(23)が在職中に性被害を受けたと訴えている問題で、防衛省は29日、内部調査の結果、訴えは事実で他の女性隊員の被害も確認されたと発表した。陸自トップの吉田圭秀陸上幕僚長は記者会見で「これまで長く苦痛を受けられたことに対し、組織を代表しておわびする」と謝罪した。
 自衛隊が内部の性被害について、懲戒処分前に事実を認めて公表するのは極めて異例。吉田陸幕長は関係者を速やかに処分し、セクハラの根絶に全力を尽くす方針を明らかにした。
 五ノ井さんは所属していた中隊内で繰り返し性被害を受けたことを退職後に実名で告発。防衛省に署名を提出し、再調査や再発防止策を求めていた。
 同省は元同僚ら約100人に聞き取りを実施し、昨年8月に複数の男性隊員が五ノ井さんを押し倒して下半身を押し付けたり、口止めしたりしていたことを確認した。同6月の訓練中、五ノ井さんが野営テント内で隊員から体を触られたことなども認定した。
 五ノ井さんから被害の訴えを受けた中隊長は、上司に報告せず、事実関係の調査もしなかったという。
 調査の過程で、他の女性隊員の被害も判明した。五ノ井さんの所属部隊では、性的発言や身体に触れるハラスメントが日常的に行われていたとした。 
〔写真説明〕元自衛官の性被害問題で謝罪する吉田圭秀陸上幕僚長=29日、防衛省

(ニュース提供元:時事通信社)