【ソウル時事】韓国政府は30日、新型コロナウイルス対策として入国後1日以内に行うよう義務付けていたPCR検査を10月1日から不要にすると発表した。既に9月初めから入国前の検査による陰性証明書提出は免除されており、水際対応がコロナ流行以前に戻る。
 保健当局幹部は30日の会合で「入国者の陽性率は8月の1.3%から9月には0.9%に下がった。最近優勢になっているオミクロン株の低い死亡率も考慮した」と説明した。 

(ニュース提供元:時事通信社)