回転ずしチェーン「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイトは3日、競合他社の営業情報を不正に取得したなどとして不正競争防止法違反容疑で逮捕された田辺公己社長が、同日付で辞任したと発表した。本人から申し出があり、受理した。後任には山角豪取締役が就任した。
 山角氏はフードビジネスと危機管理の知見を持ち、企業経営の経験が豊富なことから選任した。「ステーキ宮」などを運営するグループ会社アトムの社長を兼任する。
 田辺氏は外食大手ゼンショーホールディングスに在籍していた2020年9月、傘下の回転ずしチェーン「はま寿司」(東京)の仕入れ原価などに関する情報を複製して取得。カッパ社に転職後、これを使って両社の仕入れ原価を比較するなどした疑いが持たれている。
 カッパ社は、「捜査に全面的に協力するとともに、コンプライアンス(法令順守)教育を徹底・強化し、再発防止に努める」としている。
 山角 豪氏(やまかど・つよし)倉敷芸術科学大教養中退。00年すかいらーく(現すかいらーくホールディングス)入社。20年からアトム社長、22年6月からカッパ・クリエイト取締役。兵庫県出身。44歳。 
〔写真説明〕山角豪 カッパ・クリエイト社長(同社提供)

(ニュース提供元:時事通信社)