日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が3日発表した2022年度上半期(4~9月)の新車販売台数は、前年同期比6.2%減の192万3489台となった。200万台割れは、東日本大震災直後の11年度上半期(193万9952台)以来11年ぶり。長引く半導体不足と新型コロナウイルス禍による供給網の混乱で、部品調達が滞った。
 軽自動車の全長と幅が現在の規格になった1998年10月以降で比較すると、上半期としては最低だった。
 内訳は、軽以外の登録車が9.6%減の117万2896台、軽は0.2%減の75万593台。
 メーカー別の販売台数ではトヨタ自動車の販売台数が16.4%減と大きく落ち込み、全体を押し下げた。 

(ニュース提供元:時事通信社)