【バンコク時事】タイ東北部ノンブアランプー県の保育所で6日午後0時半(日本時間同2時半)ごろ、男が銃を乱射し、警察によると、子供20人以上を含む35人が死亡、約10人が負傷した。男は自宅で妻と子供を射殺した上、自殺した。
 男は県内の元警官(34)。覚醒剤を違法所持した疑いで逮捕され、免職処分となっていた。銃や刃物で武装しており、目撃者によれば、子供たちの多くは昼寝中に刃物で襲われた。男はその後、車に乗って乱射しながら自宅に向かった。男の子供もこの保育所に通っていたが、1カ月ほど前から姿を見せなかったという。
 保育所の外で事件を目撃した女性職員は「爆竹が鳴ったと思って見たら、男が発砲しながら敷地内に入ってきた」と振り返った。「とてもショックで悲しい。どうして私の教え子たちがこのような事態に巻き込まれたのか」と声を震わせた。 
〔写真説明〕銃乱射事件があったタイ東北部ノンブアランプー県の保育所(保育所のフェイスブックより・時事)

(ニュース提供元:時事通信社)