【ワルシャワ時事】ポーランドのブワシュチャク国防相は23日、ロシアが再びウクライナ全土をミサイルで攻撃したことを受け、ポーランドに配備される予定だったドイツの地上配備型迎撃ミサイルシステム「パトリオット」をウクライナに送るよう独政府に要請した。ツイッターで明らかにした。
 ブワシュチャク氏は「(ウクライナへのパトリオット配備は)死者と停電のさらなる増加を防ぎ、(ウクライナと接する)ポーランド東部国境の安全も向上させる」と説明した。
 ポーランドを巡っては、ウクライナ軍が発射したとみられる地対空ミサイルが15日に領内に着弾し、市民2人が死亡した。独政府はその後、ポーランドにパトリオットなどを配備する意向を示していた。 

(ニュース提供元:時事通信社)