四国電力は28日、電気料金の改定で国の認可が必要な一般家庭向けの規制料金について、平均28.08%の引き上げを経済産業省に申請した。来年4月の実施を目指す。ロシアのウクライナ侵攻に伴う燃料価格の高騰などで業績が悪化しているため、料金への転嫁を求める。侵攻開始後の値上げ申請は、東北電力、中国電力に続き3社目。
 四電の申請した値上げ幅が認められると、電気使用量が月間260キロワット時の標準家庭の料金は、現行より2205円高い1万120円となる。四電の値上げ申請は、東日本大震災の影響を受けた2013年度以来。 
〔写真説明〕四国電力本店=高松市

(ニュース提供元:時事通信社)