【ニューヨーク時事】週明け28日のニューヨーク株式相場は、中国の厳しい新型コロナウイルス封じ込め政策に対する市民の抗議活動拡大などを嫌気し、4営業日ぶりに反落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前週末終値比497.57ドル安の3万3849.46ドルで終了。下げ幅は一時500ドルを超えた。ハイテク株中心のナスダック総合指数は176.86ポイント安の1万1049.50で引けた。 

(ニュース提供元:時事通信社)