鹿児島県は2日、出水市の養鶏場で、家畜伝染病の高病原性鳥インフルエンザが発生したと発表した。県は、飼育されている約12万羽を殺処分する。鹿児島の養鶏場で発生した鳥インフルは今シーズン4例目、全国では23例目となる。
 県によると、1日に家畜保健衛生所に養鶏がまとまって死亡しているとの通報があった。1日に実施した簡易検査で陽性が判明。その後の遺伝子検査の結果、感染が確認された。県は、殺処分のため自衛隊の災害派遣を要請した。 

(ニュース提供元:時事通信社)