政府は2日の閣議で、2023年度予算編成の基本方針を決定した。経済財政運営について「経済の再生が最優先課題」と明記し、新型コロナウイルス禍や物価高で苦境に立つ日本経済の立て直しに力を入れていく方針を打ち出した。また、「経済あっての財政であり、順番を間違えてはならない」と財政健全化が景気回復を妨げることがないようくぎを刺している。 

(ニュース提供元:時事通信社)