6日午前11時10分ごろ、東京都江戸川区船堀の住宅街で、水道施設の維持・補修工事中にマンホール内で爆発があった。50代とみられる男性作業員が病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。
 ほかに30代の男性作業員1人がマンホール内に取り残されているといい、警視庁葛西署などが詳しい状況を調べている。
 同署や東京消防庁によると、2人はマンホール内で、東京都水道局の地下施設に下りるはしごを交換する作業中だった。30代の男性作業員は地下20メートルの地点で取り残されているが、意識はあるという。 
〔写真説明〕マンホール内で、作業中に爆発があった事故現場付近に集まる消防隊員と警察官ら=6日午後、東京都江戸川区

(ニュース提供元:時事通信社)