高齢女性から現金などをだまし取ったとして消防士が逮捕された事件で、災害時に支援が必要な高齢者の名簿が東京消防庁野方消防署(東京都中野区)の消防士一戸赳児容疑者(23)の自宅から見つかったことが6日、警視庁石神井署などへの取材で分かった。
 名簿は中野区が作成し、野方消防署が管理していたもので、石神井署は同容疑者が勤務先から無断で持ち出し、詐欺グループに流出させた可能性もあるとみて調べる。
 東京消防庁によると、名簿には災害時に支援が必要な70歳以上の単身者の名前や住所、年齢、性別などが記載されていた。中野区から提供された約1万6000人分を野方消防署が保管庫で管理していた。
 一戸容疑者は名簿を管理する係の勤務経験があり、保管庫を開ける鍵の場所を把握していたとみられる。これまでに被害相談は寄せられていないという。
 同容疑者は11月、練馬区の80代女性から現金110万円などを詐取したとして、詐欺容疑で逮捕された。詐取金を受け取る「受け子」とみられ、家宅捜索で自宅から名簿の一部が押収された。
 渡辺茂男・野方消防署長の話 深くおわび申し上げる。個人情報の管理を徹底し、再発防止を図る。 

(ニュース提供元:時事通信社)