【ジャカルタ時事】インドネシア西ジャワ州バンドンで7日午前(日本時間同)、男が警察署に入った直後に爆発が起き、男と警察官1人が死亡、住民1人と警察官9人が負傷した。警察は男が自爆テロを行ったとみて調べている。
 地元警察によると、男はイスラム過激派「ジャマー・アンシャルット・ダウラ」に所属しており、ナイフも所持していた。現場にはバイクで来たという。
 男はバンドンで2017年に起きた爆弾事件で逮捕され、4年の刑を言い渡されたが、昨年秋に出所していた。このテロ組織は14年ごろに過激派組織「イスラム国(IS)」支援を掲げてインドネシアで設立され、国内で数々のテロを実行してきたという。 

(ニュース提供元:時事通信社)