北海道・知床半島沖で4月、26人が乗った観光船「KAZU I(カズワン)」が沈没した事故で、事故原因を調査している運輸安全委員会が9日までに、船前方のハッチから海水が入り込んだ可能性が高いとする報告書をまとめたことが関係者への取材で分かった。運輸安全委は近く報告書を公表するとみられる。
 ハッチは甲板や船室内にあり、船員が船底に降りるためのもの。関係者によると、船前方の甲板にあるハッチの留め具に不具合が見つかった。このハッチから海水が入り込んだ可能性が高いという。海底から引き揚げられたカズワンのハッチはふたが外れていた。
 また、甲板下の隔壁に穴が開いていたことが浸水拡大の要因の一つとみられるという。カズワンの甲板や客室の下は、船首側から(1)倉庫がある「船倉」(2)エンジンがある「機関室」(3)かじの近くの「舵機室」と分かれており、計3枚の隔壁がある。
 船倉の隔壁には穴が開いていたことが既に判明している。機関室前後の隔壁はふさがれていたが水密構造ではなく、船底全体に浸水が広がる要因になった可能性があるという。 

(ニュース提供元:時事通信社)