政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は9日の会合で、オミクロン株対応ワクチンの年内接種を呼び掛ける提言をまとめた。帰省などの移動が増える年末年始を控え、医療体制の逼迫(ひっぱく)を防ぐことが狙い。定期的な換気に留意することも求めた。
 分科会の提言では、新型コロナの新規感染者数について「全国的に増加が継続すると見込まれている」と指摘。オミクロン株対応ワクチンは従来型ワクチンよりも効果が期待されており、「社会経済活動を維持するために接種は重要だ」と訴えた。 

(ニュース提供元:時事通信社)