気象庁は23日、この冬一番の強い寒気が流れ込むため、24日から26日ごろまで日本海側を中心に大雪となると発表した。太平洋側でも大雪となる所がある見込みだ。全国的に非常に強い風が吹くほか、気温も低下。同庁は「10年に1度程度の低温になる」と警戒を呼び掛けた。
 同庁と国土交通省は、大雪により自動車の立ち往生や公共交通機関の大規模な運休の恐れがあると指摘。不要不急の外出を控え、自動車を運転する際は冬用タイヤを装着するなどの対策を求めた。海は大しけで、高波にも注意が必要。 
〔写真説明〕大雪への警戒を呼び掛ける気象庁と国土交通省の職員=23日午後、東京都港区

(ニュース提供元:時事通信社)