【サンパウロ時事】ブラジルのルラ大統領とアルゼンチンのフェルナンデス大統領は23日、ブエノスアイレスで首脳会談を行い、将来的に両国や、両国が加盟する南米南部共同市場(メルコスル)の「共通通貨」創設を目指すことで一致した。首脳会談後の記者会見で明らかにした。
 ルラ氏は今後、両政府間で共通通貨による貿易や決済の検討が行われるとした上で、ドル建て取引から脱却する必要性を強調。「なぜメルコスルや新興5カ国(BRICS)の内部で共通通貨を創設しないのか。いつかはそれが実現するし、させる必要がある」と訴えた。
 フェルナンデス氏は共通通貨構想を「とても興味深い」と指摘。「共通通貨がどのように機能するかは分からないが、外国通貨(米ドル)と連動した国の経済に何が起こるか、それがどれだけ害を及ぼすかは知っている」と述べ、「変革の勇気を持たなければ、われわれは同じ悪魔に苦しめられ続けるだろう」と前向きな姿勢を示した。 

(ニュース提供元:時事通信社)