自民党の茂木敏充幹事長は24日の記者会見で、政府が検討しているマスク着用ルールの見直しに関し、海外では屋内でもほとんどマスクをしていないと指摘した上で、「基本的には、新型コロナウイルス対応はグローバルスタンダードでいいのではないか」と強調した。
 新型コロナの感染症法上の位置付けを季節性インフルエンザなどと同じ「5類」に引き下げることを政府が検討していることについては「一日も早く日常生活を取り戻していくステージにそろそろ入っていくべきだ」と述べた。 

(ニュース提供元:時事通信社)