政府は24日、自民党の新型コロナウイルス感染症対策本部(本部長・山際大志郎前経済再生担当相)に、新型コロナ対策の特別措置法と内閣法両改正案の概要を示した。感染症対策の「司令塔」機能を強化するため、内閣官房に「内閣感染症危機管理統括庁」(仮称)を新設することなどが柱。今国会に提出する方針だ。
 危機管理庁のトップとして「内閣感染症危機管理監」(仮称)を一人置き、官房副長官を充てることも明記した。政府は法改正後の今秋にも発足させる方針だ。 

(ニュース提供元:時事通信社)