水害や地震など災害が多い九州の病院も、非常用電源の設置は100%ではない。緊急時には生命を守る「命綱」ともなるだけに、2016年4月に熊本地震を経験した熊本県で設置率が9割を超える一方、設置実態をほと...