3月6日、東京消防庁と大京グループが合同で実施

 

大京グループは、2015年3月6日に全国一斉の「シェイクアウト訓練」と、東京消防庁の協力による「家具転倒対策チェック」を行うと発表した。東日本大震災から4年となる2015年3月11日(水)を前に、マンション居住者や従業員の防災意識を高めるため、マンション管理会社としては初めて行うもので、規模も全国46都道府県と最大になる。

シェイクアウト訓練とは、2008年に米国で始まった防災訓練。訓練会場に参加者を集める方式ではなく、事前登録者が定刻に、それぞれの場所で「1.DROP!(低く)、2.COVER!(頭を守り)、3.HOLD ON!(動かない)」などの安全確保行動を一斉に行う。1~2分で終わる手軽さから、世界中で広がり、日本でも2012年より実施されている。今回のシェイクアウト訓練は、大京グループのマンション管理会社・穴吹コミュニティが主催。3月6日(金)の午後2時10分に、東海、東南海、南海の3つのトラフを震源とする3連動巨大地震が起きたと想定。沖縄を除く全国46都道府県で管理する約7万戸の居住者と約300人に呼びかけて行う。

また、シェイクアウト訓練に合わせ、東京消防庁による「地震ザブトン」(地震の揺れ)の体験と家具類の転倒防止チェックも行う。

都内住宅の家具固定率は2012年をピークに減少。東京消防庁は2016年3月までに60%に引き上げるため、マンション管理会社と連携を開始。今回、初めて開催されることになった。