西日本豪雨を受け、神奈川県は土砂災害や水害の危険性を住民に直接知らせる対策を強化する。大雨警報より危険な状況を意味する「土砂災害警戒情報」のメール配信を新たに行うほか、県管理の河川で簡易な水位計の新設...