「しなやかな社会の挑戦~CBRNE、サイバー攻撃、自然災害に立ち向かう~」が3月7日、日経BPマーケティング社から発売された。著者は防災科学技術研究所理事長の林春男氏ら大学の研究員とNTT所属の研究者ら20人で構成される共同研究グループ「『レジリエンス社会』を作る研究会」。
東日本大震災発生から5年が経過し、2020年には東京五輪を控えた日本。「災害・危機に負けないしなやかな社会」は一部で実現してきたものの、社会の変化に伴い被害が大きくなっている自然災害、サイバー攻撃やCBRNE(化学(Chemical)、生物(Biological)、放射性物質(Radiological)、核(Nuclear)、爆発物(Explosive))を用いたテロなどの新しいハザードのリスクは増大している。しかもそれらが複合して社会を襲う可能性もある。以前からあるハザードの変化と、新しいハザードの社会的影響を分析し、予測力、予防力、そして回復力をICT(情報通信技術)を活用して効果的に高める方法を「しなやかさ=レジリエンス」をキーワードに解説する。

 

【目次】


第1章 今後直面する新しい危機


第2章 レジリエンスを実現する「しなやかな社会」


第3章 新しい脅威にも対処できる「事業継続」とは


第4章 対応の基本となる状況認識


第5章 災害・危機に立ち向かうための対応の標準化


第6章 しなやかな社会の実現につながるステップ

 

 

 

 

 

【書籍DATA】
判版: 四六判 仕様: 並製 ページ数: 232ページ
発行日: 2016年3月7日 本体価格: 1,500円(税別)
ISBN: 978-4-86443-100-2
発行: 日経BPコンサルティング
発売: 日経BPマーケティング