※開催終了

30カ国以上から600社が出展

サイバースペース関連の出展が拡大中

 

 

シンガポールのマリーナ・ベイ・サンズで5月7日(火)~9日(木)に第24回Safety & Security Asia 2013 Singapore(以下SSA2013 )が開催される。これは、東南アジアのセキュリティ市場で、セキュリティ・テクノロジー関連企業が、市場に進出する上で足がかりとなる、最も注目されているイベントだ。

近年サイバーテロ攻撃のまん延やインターネット普及によるセキュリティ・オペレーターに対する国境を越えた攻撃により、サイバースペース・セキュリティへの安全対策の強化が重要視されており、関心も高まっている。

SSA2013は、安全性および機密漏えいの最新技術、解決策、製品およびサービスを展示するとともに各分野のトップの専門家が終結。さらに、専門家のカンファレンスにより、製品の展示のみならず、サイバー攻撃との戦い方等について理解を深めることができる大規模な展示会となる。

Fire& Disaster Asia(FDA)2013、International Facility Management Expo(iFaMeE)2013、LEDTEC Asia2013も同時開催し、安全、保安、緊急対策分野の専門家や製品が一堂に会する。

イベントには世界30カ国から600社が参加予定、1万人の来場者を見込んでいる。

詳細はウェブサイト
http://www.safetysecurityasia.com.sg/ まで。