※開催終了

★この勉強会は、危機管理勉強会「齋藤塾」主催、工学院大学建築学部、災害復興まちづくり支援機構及びリスクマネジメント協会、リスク対策.comの共催で実施します

 

新宿駅周辺の団体、商店街、大型商業施設、鉄道、地下街や高層ビルなどで構成する「新宿駅周辺防災対策協議会」では、地域特性に応じた防災セミナーや訓練等を実施するとともに、「エリア単位の防災対策」にも積極的に取り組んでいます。

また、昨年11月には、地震発生後2~3時間以内に当該建物内に留まれるかどうかの判定方法に関する「建物の即時使用性の判定の試み」の訓練を実施しました。

6月の勉強会では、工学院大学の村上准教授から、エリア防災対策などについて、同大学宮村教授からは、「建物の即時使用性の判定の試み」について、お話ししていただきます。 

 

テーマ新宿駅周辺の「エリア防災対策」と建物の使用判定に関する試み

日時:2014年6月24日(火) 18:30~20:30 (18:10受付開始)

場所:工学院大学新宿庁舎 5階 B-0563教室 ⇒ 6階B-0663教室 ※会場が変更となりました
    (「新宿駅西口」より徒歩5分)

アクセスhttp://www.kogakuin.ac.jp/map/shinjuku/index.html

ゲスト: 工学院大学建築学部教授 宮村正光氏、同准教授 村上正浩氏

参加者:先着170名
      ※リスク対策.comからの申し込み人数は70人となります

資料代:2000円 (当日受付にてお支払い下さい。領収書をお渡しします)

交流会
: 終了後、交流会を開催 (参加任意、会費3000円)

申込: 6月19日(木)まで
    リスク対策.com関係者は下記お申込みボタンからお申し込みください。   

 

★都内で実災害が発生又はその恐れがある場合、中止します。その際は、当日の9時までにメールにて、お知らせします。

【お問合せ】
齋藤塾のホームページ http://sjuku.web.fc2.com/ask/ask.html
もしくは リスク対策.com編集部(中澤) 03-3556-5525