※開催終了

★台風8号の接近に伴い延期を決定しました。

~「新」想定で、企業に求められるBCPの改善点~

 

■東京湾北部地震想定との「対策」における違いは何か? 

 

昨年発表された首都直下地震の「新」被害想定について解説するとともに、企業・自治体に求められる対策・改善点について説明します。

首都直下地震の被害対策を検討してきた国の有識者会議は昨年12月19日、30年以内に70%の確率で起きるとされるマグニチュード7級の地震で、最悪の場合、死者が2万3000人、経済被害が約95兆円に上るとの想定を発表しました。当面の発生可能性は低いものの、長期的な対策の対象として今回初めてM8級も加えています。

本セミナーでは、単に数字上の被害想定だけでなく、これらの被害をもたらす根拠となる社会・経済情勢にフォーカスをあて、今後、企業に求められるBCP対策について解説します。

 

開催概要

日時7月11日(金)13:30~17:00(受付開始13:00~) 台風8号の接近に伴い延期を決定しました
     7月23日(水) 17:00~(受付開始16:30~)

■会場:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター ホール9A → 6A
     ※会場が変更になりました。お間違えないようお気を付け下さい

■住所:〒162-0844 東京都新宿区市谷八幡町8番地 TKP市ヶ谷ビル
      http://tkpichigaya.net/access.shtml

■アクセス
 JR『市ヶ谷駅』より徒歩約2分
 東京メトロ南北線・有楽町線『市ヶ谷駅』7番出口より徒歩約1分、4番出口より徒歩約2分
 都営地下鉄新宿線『市ヶ谷駅』4番出口より徒歩約2分

■参加費:5000円(資料、税込)

定員:140人(抽選制:コンサルティング会社など講師同業者除く)

主催:リスク対策.com

 

 

プログラム

下記プログラムは日程の延期に伴い時間が変更いたしますことをご了承ください。(開始17時~)

13:40~14:40

首都直下地震「新」被災想定の解説

 講師:株式会社三菱総合研究所 科学・安全政策研究本部 
     社会イノベーショングループ主席研究員 堤 一憲氏

14:40~15:15 質疑、休憩
15:15~16:15

新被災想定を踏まえたBCP対策のポイント

 講師:三菱総合研究所
     科学・安全政策研究本部主任研究員 石井和氏

16:15~16:30 質疑
16:30~16:50 データセンターマッチングサービス「MIRSE」の紹介

 

11日に開催を予定しておりました「首都直下地震『新』被害想定解説セミナー」ですが、台風接近に伴い延期を決定しました。
前日まで待ったうえで延期を決めるという判断もありましたが、危機管理担当者が多く参加されることから、事前準備などが大変な時期になることを考慮し、早めに延期の決定をさせていただきました。(7月9日編集部)

 

【本セミナーに関するお問い合わせ】
新建新聞社 リスク対策.com 編集部
 
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-27 剛堂会館ビル5F
TEL 03-3556-5525
E-mail: risk-t@shinkenpress.co.jp

 

【関連セミナー】
「データセンターのBCP」
■2014年7月18日(金) 15:00~17:30 (開場14:30、閉場18:00)
http://www.mri.co.jp/news/information/20140612-1.html