※開催終了

2015年1月13日、仙台地方裁判所は常盤山元自動車学校における津波訴訟について、同校に対する損害賠償責任を認め、原告である教習生らの遺族に対し、ほぼ請求額に近い賠償を認める判決を言い渡しました。自動車学校の安全配慮義務違反を認定し、教習生らの死亡との間の相当因果関係を認めたのです。企業の安全配慮義務違反について、この裁判はどのような教訓を残したのでしょうか。

一方で、マニュアルや情報収集体制を整備しても、当該情報を扱う「人」の意識を高めなければ災害に対応するのは困難です。では、企業にはいまどのような「防災人材育成」が求められているのでしょうか。

講師は東日本大震災で4万件の被災者の声をデータベース化し、自ら「災害復興法学」を提唱。災害時のニーズをベースにした「自分ごと防災研修」や「中小企業にこそ必要なBCP」などに力を入れて活動する岡本正弁護士。

 

開催概要

日時:2015年4月21日(火) 14:00~16:30 (受付開始13:30~)

会場:虎の門琴平タワー 3階会議室

住所:〒105-0001 東京都港区虎ノ門一丁目2番 8号
       [印刷用地図] 

アクセス:地下鉄銀座線虎ノ門駅2番出口から徒歩1分

参加費リスク対策.com雑誌定期購読者:2000円
      非購読者:5000円(1人)
      ※電子書籍の購読者は対象外です。ご了承ください。

定員:50人(先着順)

主催:リスク対策.com事業部

■講師

:岡本正総合法律事務所・弁護士


中央大学大学院公共政策研究科客員教授


慶應義塾大学法科大学院非常勤講師


岡本正氏

1979年生まれ。弁護士・医療経営士。中央大学大学院公共政策研究科客員教授。慶應義塾大学法科大学院・同法学部非常勤講師。東日本大震災における復興支援活動を背景に、新たな危機管理のデザインとして「災害復興法学」を提唱し、各大学に講座を創設。災害時のニーズをベースにした「自分ごと防災研修」や「中小企業にこそ必要なBCP」などのリスク・マネジメントにも力を入れる。教育活動が評価され2014年度若者力大賞ユースリーダー支援賞受賞。近著に「災害復興法学」(慶應義塾大学出版会)。

 

プログラム

14:00~15:05

【第一部】津波訴訟にみる企業の安全配慮義務とリスク・マネジメント
(質疑応答含む)

15:05~15:20

休憩

15:20~16:25

【第二部】組織に事業継続計画を根付かせる、
従業員と家族のための「自分ごと」防災研修プログラム
(質疑応答含む)

 

※プログラムは講師都合等により変更になる可能性があります。
※著しい悪天候や感染症の流行など、参加者に危険を及ぼす恐れがあると主催者が判断した場合、セミナーの開催を中止する場合がございます。その際は、前日の夕方までにメールにてお知らせします。
※お客様による 講演中の動画撮影、写真撮影、録音は全てご遠慮いただいております。

 

【登録情報の取り扱いについて】
ご登録いただいた個人情報は、主催及び共催で適切に管理いたします。また、セミナー内容の改善・向上を図るため、講師に開示させていただく場合があります。


【セミナーに関するお問い合わせ】
新建新聞社 リスク対策.com 事業部 
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-27 剛堂会館ビル5F
TEL 03-3556-5525
E-mail: risk-t@shinkenpress.co.jp