災害時に威力を発揮する社会のしくみ

一般社団法人日本医療資源開発促進機構は、東日本大震災に於ける災害時での医療資源の不足の解消と災害時での対応を考えるべく、都市災害と集団災害医療フォーラムを開催。政府の地震調査研究推進本部が、マグニチュード7クラスの首都直下地震が今後30年以内に発生する確率を70%とした大幅上昇修正を発表し、東京都心でも26%から46%に引き上がった。これは関東の陸側プレートの下に沈み込むフィリピン海プレートの上面の深さが従来の推定より約10キロ浅いと判明し、首都直下地震の揺れの想定が大きくなったことによるもの。 東大地震研究所の平田直教授は「30年以内というのは今日かも知れないし、明日かも知れない」と早期の準備対応の必要性を訴えている。

第8回都市災害と集団災害医療フォーラムは「災害時に威力を発揮する社会のしくみ」と題し、この問題を論ずるのに相応しい関係団体の第一人者を招いてのフォーラムを予定している。

 

【概要】
開催日時:2015年5月29日 金曜日
会場:東京都千代田区飯田橋3-13-1 飯田町ビル(2階ホール)
開場:12時45分~
開催:13時15分~17時
定員:100名
参加費:2000円
主催:一般社団法人日本医療資源開発促進機構

 

【プログラム】

13:20~14:00 「首都圏を襲う地震と震災の姿」
~内閣府中央防災会議の新しい想定~

講師:山本 保博氏
日本集団災害医学会代表理事/日本医科大学名誉教授/東和病院院長

14:00~14:50 「首都水没 世界一災害に弱い都市、東京」

講師:土屋 信行氏
公益財団法人リバーフロント研究所理事

14:50~15:00 《 休  憩 》
15:00~17:00 パネルディスカッション
「災害時に威力を発揮する社会のしくみ」

座  長:
有賀   徹氏     昭和大学病院院長/日本救急医学会前代表理事
野口英一氏     (公)東京防災救急協会 副理事長/防災事業本部長

パネラー:
山口芳祐氏     日本救急医学会理事/杏林大学医学部救急医学教室教授
猪口正孝氏     東京都医師会副会長 災害医療担当
富田博樹氏     日本赤十字社医学会理事長 事業局長
堀福次郎氏     (社)日本医療資源開発促進機構 専務理事/
                  大和ハウス工業株式会社 取締役常務執行役員
高倉良生氏     東京都議会議員 東京版FEMA提案者

 

<※パネラー等、一部変更になることもございます。>

 

【お問合せ・申込みは下記HPより】
http://www.mrd.or.jp/seminar/20150529.html