※開催終了

今やるべき企業の備え

主に中東で猛威を振るっていたウイルス性感染症、中東呼吸器症候群(MERS、マーズ)の感染者が、韓国で拡大しています。季節性インフルエンザのように、次々にヒトからヒトに感染する(持続的なヒト-ヒト感染)状況は確認されていませんが、韓国では「最初の患者と接点のなかった男性2人への3次感染」までが確認され、すでに、いつ日本で患者が発生してもおかしくない状況です。
リスク対策.comでは、「今やるべき企業の備え」をテーマに緊急対策セミナーを開催します。

 

開催概要

日時:2015年6月18日(木) 18:00~20:30 (受付開始17:30~)

■会場:明治薬科大学剛堂会館ビル 1階セミナールーム

住所:〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-27
      印刷用地図

アクセス:地下鉄有楽町線麹町駅1番出口から徒歩2分

参加費:5000円

定員:100人(先着順)

主催:リスク対策.com事業部    

 

プログラム

18:00~18:50

MERSへの備え ~注視すべき情報~(仮)

講師:東京慈恵会医科大学教授 医学博士 浦島充佳氏

 

1986年東京慈恵会医科大学卒業後、附属病院において骨髄移植を中心とした小児がん医療に献身。93年医学博士。94年~97年ダナファーバーがん研究所留学。2000年ハーバード大学大学院にて公衆衛生博士取得。14年から東京慈恵会医科大学教授。小児科診療、学生教育にいそしむ傍ら、分子疫学研究室室長として研究にも携わる。小児科専門医、日本血液学会代議員、薬剤疫学評議員。

緊急開催につき、当日配布資料をお配りできない可能性があります。ご了承ください。

18:50~19:00

休憩

19:00~20:30

パネルディスカッション 今やるべき企業の備え


 ・企業の対応

(情報収集、渡航者への対応、BCPの見直し)


 
 ・質疑

パネリスト
・東京慈恵会医科大学教授 医学博士 浦島充佳氏
・共同通信デジタル執行役員リスク情報事業部長
   (元日立製作所リスク対策部長) 小島俊郎氏
・インターリスク総研 特別研究員 本田茂樹氏
 (信州大学経営大学院 客員教授)
・レスキューナウ危機管理研究所
         代表取締役社長 市川啓一氏

※パネリストおよびテーマは講師のご都合により変更になる場合がございます。
※パネルディスカッションの配布資料はありません。

※パネリストおよびテーマは講師ご都合により変更になる場合がございます。
※著しい悪天候や感染症の流行など、参加者に危険を及ぼす恐れがあると主催者が判断した場合、セミナーの開催を中止する場合がございます。その際は、前日の夕方までにメールにてお知らせします。
※お客様による 講演中の動画撮影、写真撮影、録音は全てご遠慮いただいております。


【お問合せ】      
新建新聞社 リスク対策.com事業部
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-27 剛堂会館ビル5F
TEL 03-3556-5525
E-mail: risk-t@shinkenpress.co.jp