※開催終了

このセミナーは災害の発生時、消防をはじめとした公助の手が差し伸べられるまでの間に、自らを守り、行動し、共助を実践するために、理論と経験と実績に基づく災害対応の知識と技術の習得を目的としています。
降りかかってくるさまざまな危険からあなた自身と家族(仲間)を守りつつ、避難・救助・救護活動が実践出来るようになります。
是非この機会に世界標準の災害対応を学んで頂きたいと思います。

■日時:2016年2月20日(土)~21日(日) 9:00~19:00 (受付開始 8:30) 予定
■主催:一般財団法人日本災害医療ロジスティックス協会(理事長 山本保博)
Japanese Association of Medical Logistics for Disaster (JAMeLD)
■協力 新建新聞社リスク対策.com
■定員: 30名
■会費: 38,000円 (事前振込となります。申込確認後、詳細につきましてはご案内致します)
■持ち物: 筆記用具、革手袋
■服装: ジャージ等、動きやすい服装での参加をお願いします。
(注意事項: 体調のすぐれない方や妊娠の可能性のある方は参加をご遠慮ください)

 

-実践- 防災研修講座 プログラム(予定)

1日目(2月20日)9:00~19:00 2日目(2月21日)9:00~19:00
オリエンテーション 災害医療(1)
災害準備 災害医療(2)
災害心理学 簡易的な捜索救助
チームビルディング(ICS) 総合想定演習
火災安全 修了式(終了証授与)
危険物・テロ災害対策  

■講師:秋冨慎司 防衛医科大学校講師救急部 兼 防衛医学研究センター外傷研究部門
    熊丸由布治 (株)日本防災デザインCEO、元在日米陸軍統合消防次長
    中田 敬司 神戸学院大学 社会防災学科 教授 ・ 日本集団災害医学会 理事

【参加申し込み】
日本災害医療ロジスティック協会 申し込みメールアドレス saigai@jameld.jp
メールでのお申し込みは、貴社名、参加者氏名、住所、電話番号を明記のうえ、事務局まで送信願います。
申し込み用のPDFはこちら→ http://www.jameld.jp/pdf/jameld_160220-21_02.pdf

■会場
シオノケミカル株式会社 8階 大会議室
東京都中央区八重洲2-10-10 新八重洲ビル

■会場へのアクセス
地下鉄銀座線 京橋駅 3番出口より徒歩2分
都営浅草線 宝町駅 A3又はA4番出口より徒歩5分
東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅 3番又は7番出口より徒歩3分
JR線東京駅 八重洲南口より徒歩15分

■一般財団法人日本災害医療ロジスティックス協会ホームページ
http://www.jameld.jp/