加納久宜(華族姿の晩年)

藩主から官僚に

鹿児島市内を歴史散歩すると、西郷隆盛・大久保利通はもとより、幕末から明治期に国政を動かした薩摩閥の歴史上の人物の立像・史跡に至る所で出くわす。市内の旧県議会堂近くに、旧薩摩藩出身ではない元知事(華族)の見上げるような顕彰碑(頌徳碑)が立っている。加納久宜(かのう ひさよし)の顕彰碑である。加納が西南戦争後の疲弊しきった鹿児島県をいかに救ったか。その人生と功績を考える。今日の政治・経済政策や教育行政にも示唆するものがあろう。とりわけ政治行政に携わる者の資質を考えたい。

上総国・一宮藩(1万石、現千葉県一宮町)の最後の藩主・加納久宜(1848~1919)は、明治2年(1869)2月、関東の列藩中率先して版籍奉還の建議を江戸城の太政官代に奉呈し、大小の列藩はこれに倣(なら)った。20歳の青年藩主は、大学南校(現東京大学)の開校と同時に入学しフランス語を学んだ。秀才であった。彼は若くして一宮藩知事を務めたが、明治4年(1871)廃藩置県となり藩知事を免じられた。

大学南校の語学教師で、後に文部大臣森有礼(ありのり)の右腕としても活躍し、最初の文部省次官となった辻新次から、人材不足を理由に仕官を奨められた。明治6年(1873)11月、25歳で文部省に仕官した。八等出仕に任官した(今日の文部官僚・課長補佐クラス)。文部省時代には、石川県巡視時に、旧加賀藩以来の士族中心の教育であることを鋭く指摘し、四民に開かれた近代教育へと導いた。静岡、山梨、東京の小学校など合計139校を巡視した報告書は、明快な文章の運びであり、ひと目で分かりやすい表も添付している。彼の持論は四民平等を前提とした教育行政の推進であった。

明治27年(1894)1月、46歳の彼は明治新政府に求められ未知の地である鹿児島県の知事に就任する。日清戦争の最中であった。久宜は明治33年(1900年)9月に辞するまで6年8カ月の長期間、鹿児島県政に尽力する。

着任時の県政界は、明治10(1877)年の西南戦争の後遺症が深刻に残り、吏党と民党の政争が極点に達して県政は空洞化していた。彼は「不偏不党」「清廉潔白」を高く掲げ県人事の公平を図り、県内をくまなく巡視した。離島にも足を延ばして県民と膝を交えて啓発に当った。西南戦争でヒト・モノ・カネを失い田畑も荒廃した県を、一躍模範県に導くのである。「鹿児島県に加納久宜が印さなかった足の跡はなく汗の落ちていない土地はない」と言われる所以である。
                   ◇
農業県である鹿児島県は、台風襲来や火山灰土壌という劣悪な自然条件に加え、西南戦争後対立が激化して停滞したままだった。大阪の市場では鹿児島産の米は商品価値の低い「劣悪米」の扱いを受けた。久宜は農業改良のために明治27年農会規則を公布した。翌28年(1895)から実施に移し、農村農会から郡農会、県農会を系統的に組織化していった。農家小組合を普及奨励して、3年後には906組合に及んだ。全国に先駆けて耕地整理を実施して湿田の乾田化を図った。徹底した指導の結果、50万tの産米は90万tに増えるとともに、明治35年(1902)頃には、薩摩米の評価は全国第5位にランクされ、大正元年(1912)には2位にまでなって、「劣悪米」の汚名を返上した。

加納知事時代の品種改良、石灰肥料の禁止、正条植え(米の苗を縦または横に一列にそろえて植える方法)普及、肥料作りと農具の製作などの大きな成果であった。この他、ミカンの改良、桑畑の奨励、馬匹(ばひつ、農耕馬)改良、養鶏の勧め、養魚・遠洋漁業の奨励、薩摩焼の改良をはかった。

久宜の足跡は離島にまで及んだ。喜界島の「加納松」を例に取ろう。大島郡喜界島は周囲8里(1里は4km)の孤島、人口は当時2万7000人。明治29年(1896)に島を視察した知事・加納は、煮たきや暖房などの燃料が牛馬のふんを乾燥したものか枯葉であることに気づいた。理由を聞くと「昔から樹木の育たない島だ」という。島は草原ばかりで樹林らしいものがない。だが雑木林は生えているし、土質も本土と差異があるようには見えない。そこで久宜は戸長に植林の必要を説き、帰任早々私費で2万本の松苗を勝って喜界島に送った。これらの松苗は、「不毛の島」の伝承を覆して生成し、村も年々松苗を購入して、やがて松材輸出の離島振興策に発展した。島民は2万本の松を「加納松」と呼ぶようになった。大島のタバコ耕作を普及させたのも知事加納だとされる。久宜は、土木事業も積極推進し、川内の太平橋の鉄筋架橋や鹿児島港大改修計画の確定などを行った。

頌徳碑(鹿児島市内)

教育など大きな成果

久宜の事績のうち、農業と同様全国に影響を与えた教育行政は明治初期に加納自身が教育界に身を置いていた得意分野であり、適切な就学督励により大きな成果を挙げている。知事就任時の鹿児島県は、全国に比して就学率が低く、とりわけ女子の就学率は明治26年(1895)でようやく26%という有様であった。明治30年(1899)の時点で、全国の就学率は66.65%に対し同県は56.30%と低かったが、33年(1902)には一気に88.38%と、全国平均81.67%を越え上位に躍り出る。「鹿児島県教育史」には、この間の状況は「異常な努力による」ものであり、「文部省をはじめ全国から見学者が多数訪れた」とある。市町村費(予算)の過半は教育費が占めており、全国比でも高いとしている。

久宜は小学校の就学率の向上に向け、教員を育成し教育組合の設置を奨励する。その普及を目指して、父母に幻燈で教育の必要性を説得し彼自ら遊説して回った。父母の教育費負担を軽減するため、学具や書籍の共同購入を勧める。女子の就学促進として子守学級の設置や玩具(加納自ら購入)の導入を図った。通学することが生活に直ちに役立つような農業に関する授業を取り入れ、女子には裁縫を教えるなどして、生活に即した魅力づくりを行っている。彼は県私立教育会や加納文庫(県立図書館前身)を設立した。加納文庫は私費を投じたものである。

久宜は小学校の就学率の向上だけでなく、上級学校の整備にも力を尽くした。県内中学校の整備はもちろんのこと、中学校受験者数の多さに対しては、生徒の卒業後の進路を考え、実業教育が有効と判断して、県立の商業学校や女子興業高校といった卒業後の実業に即した学校を設置した。農業振興に向けて、明治28年に鹿児島簡易農学校を設立し、その後順次これを充実させ、明治33年には鹿屋に農業学校(後の官立第二高等農林学校)を移転させ地域の核とした。

第七高等学校造士館(現鹿児島大学)の設立にも尽力している。招致した札幌農学校出の教育者・岩崎行親(ゆきちか、1855~1928)は県立第一中学校校長、第七高等学校初代校長として、県の教育に大きな力を発揮した。岩崎行親は、明治27年、県知事に命じられた久宜に教育と勧業の知事顧問として鹿児島行きを懇請され、鹿児島尋常中学校(後の鹿児島一中)の校長となる。在任は7年余に及び、名門校として伝統を築く。川内(二中)、加治木(三中)、川辺(四中)の中学校の創設に尽力し、創設時の校長を兼務し、鹿児島県旧制中学校「教育の父」となった。さらに明治34年(1901)には、第七高等学校の創立に成功し初代校長となり、11年間その職にあった。知事加納の勧業顧問として米作改良・排水工事・種苗改良などを進言した業績も評価されている。

郷里の町長も歴任

久宜は、知事在任中一日も病欠せず早出晩退の勤務で部下に範を垂れた。多額の私費を投じて県政に尽くし、その結果2万円(今日の数千万円)の借金を負うに至った。栄転の機会は何回かあったが、彼はその都度断っている。家族全員を引き連れて鹿児島入りした彼は、鹿児島のために人生をかける決意であった。県民は彼を「勧業知事」「教育知事」として讃えた。「鹿児島県のことは冥土に電報せい」と遺言を残したほど同県を愛した。鹿児島市田之浦公園で開かれた知事送別会には3000人が集まった。謝辞のやり取りの間、感極まって泣き出す県民が少なくなかった。

没後の昭和17年(1942)11月、県議会堂前に知事加納久宜の頌徳碑が建てられた。除幕式には遺族が招かれている。碑文の中に「産業と教育の拓興に寄与する所絶大なり。常に責任を重じ言行一致、若(もし)公費足らざれば補ふに私費を以てせるもの又少なからず、所謂(いわゆる)民あるを知って身あるを知らず、国あるを知って家あるを知らざるもの、其(その)至誠誰れか感動せざるものあらんや」とある。鹿児島県の経済や教育の基盤を確立した久宜の功績は歴代知事中第一(「鹿児島大百科事典」)とされる。
                ◇
明治33年秋、久宜は鹿児島を去って東京府入新井(いりあらい)村大森(現東京・大森)の私邸に戻ると、農事改良の全国普及に向けた遊説や講演を行い信用組合を開設した。明治後期の「地方改良運動」の中心的命題2つに対応する農会法と産業組合法の改正、「全国農事会中央会」、「大日本産業組合中央会」の法制化や設立にエネルギーを注ぐ。農会法の成立と同じく明治33年に産業組合法が成立し、信用組合、販売組合、購買組合、生産組合の4種が定められた。(所得税、営業税は課税されない)。その後、明治39年(1906)の第一次改正で信用組合に他事業兼営が認められた。

彼は鹿児島知事時代から体育教育の振興を重視しており、入新井村時代にも日本体育会体操練習所(現日本体育大学)会長として、また荏原中学(現日体荏原高等学校)校長として洋式体育教育の普及とレベルアップに努めている。
                   ◇
明治45年(1912)2月、久宜は郷里の一宮町民に懇願され町長に就任する。64歳。町長就任に先立ち、町是のない行政は羅針盤の無い船のようだとして「一の宮町是を定め置くべきの議」を当時の一宮町長に提出している。久宜の経験や見識が網羅された内容で、松林、桜並木、公園の整備、主要街道などへ街灯を設置し、旅館の誘致。病院、幼稚園、図書館の設置。販売組合、菜果組合をつくり、生産者と別荘住人の両者の便宜を図る。直売市場の開設。別荘住民のために池に放魚(釣り)、娯楽施設をつくる。品評会を継続的に開催し、売上金を教育基金に組み入れる等など。

ここで提示された地域の特性を活かした別荘地の整備、産業推進や地産地消の発想、農事の共同作業及び企業への直接販売といった具体策は、そのまま現代の地方振興策に適用できるような斬新さである。久宜はドイツ式耕地整理を実施し農地利用の基礎を築いた。同耕地整理は、田畑はもとより荒れ地を長方形に線引きしなおして開発し碁盤の目のように均整のとれた耕地にして再配分するという今日の土地改良の先駆けをなす手法であった。

加納町長のもとで、太平洋に面した一宮町は大変貌を遂げ、「東の大礒」として一時は100人を超す人の別荘地としても繁栄して行く。同町には明治30年(1897)4月房総鉄道(現JR外房線)が開通し上総一ノ宮駅と東京・本所とを5時間で結んだ。駅から一宮海岸まで2km余りである。海岸線から北は緑の松林と九十九里の弧を描いた砂丘が延々と続き、南はそれが太東(たいとう)岬で区切られて、南北とも雄大な景観を呈している。「一宮町史」は同町に別荘をかまえた各界名士83人の名前をあげており、その中には首相を務めた斎藤実(まこと)、平沼騏一郎、加藤友三郎らの名もみえる。一宮海岸は海水浴場としても知られていた。海水浴もかねてこの地を訪れた名士として、東郷平八郎、尾崎紅葉、東京帝国大学学生の芥川龍之介、同久米正雄、林芙美子らの名前をあげている。一宮海岸がにぎわったのは日中戦争が始まる昭和12年(1937)頃までであった。

慶応3年(1867)19歳で最後の藩主となり明治維新を迎えてから45年を経て、明治45年(1912)64歳となった加納は再び町長として最晩年の5年間を一宮町で過ごした。大正6年(1917)3月、69歳で町長を辞任した。同年一宮町の青年70人とともに鹿児島を再訪し歓迎を受けた。大正8年(1919)2月26日、療養先の温泉郷・別府で逝去した。享年71歳。遺言は「一にも公益事業、二にも公益事業、ただ公益事業に尽せ」であった。一宮町城山に久宜の墓と顕彰碑がある。

参考文献:「加納久宜集」(松尾れい子編)、「一宮町史」、拙書「国際人・加納久朗の生涯」

(つづく)