気象庁の常時観測対象となっている「くじゅう連山」と「鶴見岳・伽藍岳」の噴火災害に備え、県と地元市町、専門家らでつくる防災協議会は避難計画を策定した。噴火警戒レベルに応じた立ち入り規制や、登山者や住民の...