お湯と水で戻して食べ比べしたアルファ米

疑問解決へ実験します

皆さま、今年もよろしくお願いいたします!2019年に入り初めての記事です。

今年は心機一転、防災士芸人赤プルのコラムのタイトルを変えたいと考えていました。整理収納アドバイザーとして、お片付けに特化した防災の内容をお伝えしていきたかったのですが、毎回そのことばかりを取り上げるのは少し難しいと感じていたので(実際に片付けのことをそんなに書いていない)、率直に「お笑い芸人赤プルと共に学ぼう!ちょっくら防災!」っていうのはどうでしょう?!って言うか、もう変えちゃいました。

■女芸人赤プルの「防災は片付けから始めよう」
http://www.risktaisaku.com/category/akapuru-2/

防災って構えるとすっごく億劫です。億劫だということ、簡単ではない事を茨城では「ちょっくらじゃない」って言う人がいます。おばあちゃんとかが多いかな。

茨城弁ってわけではないと思うんだけど、「ちょっくらじゃない」っていう、この表現が結構好きで、〝ちょっくら〟でできたらいいねって感じで防災に取り組めたらいいなあと思ってっかんね。

防災の取材を受けた時のもの

最近、地域の防災にも携わらせてもらう中で、色々質問されることも増えてきました。そうするとすでに自分が実践している事は、他の人も当たり前にされていると思い込んでいることに気づかされ、知識がゼロだった時の感覚が既になくなってきたりしています。

「赤プルのちょっくら防災」は防災をこれから始める人、興味のない人にも興味を持ってもらえるよう実験をすることも考えたりしています。

例えば
「携帯トイレは持ち歩いてるけど、いざという時どうやって使うの?!1個で何回使えるの?トイレ使えたらいらないよね?」

「アルファ米って食べたことないけど、美味しいの?!アレルギーは大丈夫?!」

「賃貸に住んでるけど、冷蔵庫の固定は何でしたらいい?!」

「水を備蓄したいけど、どこに置くの?!」
「水道水をペットボトルに入れて溜めたら何日もつの?!」

「最近マイタイムラインって聞くけど、うちの方は高台だから関係ないでしょ?!」

「避難所って地域の人全員入れるの?!」

「備蓄ってどうしたらいいの?!」

などなど、ちょっと防災の話をするとこんな風に質問されることもあれば、意見を言われることもあります。

いつの間にか相手に熱く訴えてる自分に気づき、時にはその防災熱で相手を引かせてしまうこともある?!って、そんなことになったら本末転倒ですけれど。

知りたい人に向けて、なるほどと思ってもらえること、興味のない人に向けて、ちょっとでも興味を持ってもらえるよう、楽しんで進めていく予定です。

アルファ米、実際に食べました

水とお湯で食べ比べ

さて、「アルファ米って何?」というところからの方もいると思いますが、今や備蓄食の定番になってますよね。ある区の防災イベントに行った時、賞味期限の近いアルファ米を配ってたし、そこではアルファ米で炊き出しを再現してカレーライスをふるまっていました(私は時間がなくて食べられなかったけど)。

小金井市のイベントでも、アルファ米を試食のためにみなさんに配っていたし、わたしもお昼ご飯としていただきました。アルファ米と言われなければ、正直普通にお米から炊いたご飯とわからないと思う(私の味覚)。

ただあのアルミの袋のまま食べることには少し抵抗がありました。なんとなく、科学的に作られたものというイメージがあるからでしょうか?!

実際は、普通に炊いたお米を瞬間で乾燥させたもの。風味を壊さず長期保存可能にしたご飯なのですから、自然のものなのです。聞きなれない「アルファ」という科学的なネーミングが、美味しそうという感覚とかけ離れぎていて、ちょっと抵抗がある人もいるかもしれません!災害時にも問題になるアレルギーについても、アレルギー特定27品目不使用であったりと、安心して食べられるのであります。

お湯をかけて乾燥しているご飯が戻るのを待てば食べられる、カップラーメンと同じ調理方法です。そしてなんと水でも大丈夫なんですね。

今回は、炊き込みご飯を水とお湯で食べてみました。

私の偏見なのか好みなのか、風味をそんなに感じることはできなかったのですが、まずくはない。全然食べられる!と思いました!

ただ温かいお湯で戻した方に対しては、通常通り炊いた時のような湯気とともに香る出汁の匂いなどを期待してしまうので、どこか物足りなさを感じでしまいました!

一方、水で戻した方はというと、コンビニやスーパーで売られている冷たいおにぎりのイメージと被り期待感が少ないからか、私はそちらの方が美味しく感じられました。普通なら「温かい方がおいしいと感じるのでは」と思うのですが不思議です。

口に入れ噛んだ時の甘みが気にいりました。

ただやっぱり、普段から食べ慣れていないものを食べるというのは、少し抵抗があるものです。わたしはやっぱり家で備蓄するのは、普段から炊いて余った時に冷凍すること、そしてレンジで2分で食べられるご飯が良いかなと思っています!レンジが使えないと、湯せんで温めるのには結構時間がかかるんですけどね。

非常持出袋の中身も再確認しました

色々試してわかることもあると思うので、準備して安心というだけでなく、例えばヘルメットもかぶってみるとか、非常用ラジオも普段から聞いてみるとか、手回しの充電器使ってみるとか、まずはトライしてみっぺと思います!

これから試したことや、学んだこと、色々ちょっくら発信していくのでお付き合いくださいね。

では2019年もどうぞよろしくお願いします!

(了)