ニューヨーク市消防学校では優れた教育が行われる(出典:Flickr)

2018年、4つの消防学校と4つの消防職員有志による自主勉強会、3つの消防本部にて、計約2000名の消防士や消防団員の方々に「消防リスクマネージメント」「これからの消防に必要な準備と対策」というタイトルで、消防業務上のさまざまなリスクをいかに回避し、現場における事故予防や殉職予防を既存の仕組みの中で具体的に何をするべきか?を講演させていただいた。

各講演の最後に20分ほど質疑応答の時間を設けるが、そのときにほぼ確実に聞かれることは、「日本とアメリカの消防の違いについて」である。

22年間、アメリカに住んでいて、海外派遣研修コーディネーターや雑誌の取材サポート等、さまざまな形でアメリカ各州の消防局を尋ねたが、どこの消防署にいっても感じたことは「家族愛」であった。

下記のビデオは予算削減のために消防署を閉鎖し、新しい場所に移設したニューヨーク市消防局のスクアッド252の消防士たちの物語。ニューヨーク市消防学校での訓練カリキュラムの一部や消防署での待機時間にどのようなメンテナンスや話し合いのほか、火災のみで無くテロ対策なども含めた広範囲な現場対応を想定した部分訓練を行っているか、また訓練後には先輩後輩が食事を作りながら、和気あいあいとキッチントークするステーションライフが描かれている。

FDNY SOC UNIT'S POST 911(出典:YouTube、画面を2度クリックしYouTubeサイト上でのみ再生可能)

特にニューヨーク市消防学校の教官が、入校日の朝一番に初任科生に話す「FDNYの消防士とは」 の内容は有名だ。実際にブルックリンのSquad 252のキャプテンとして、数々の過酷な現場を体験し、目の前で仲間を失ったり、要救助者を助けきれなかったり、出勤して2度と家に帰れなくなる日が来るかもしれないなど世界の消防士に通じる消防士としての生き様を示す。何度聴いても身が引き締まる言葉が多く、初心に戻ることができる。

●消防士としての心構え

ニューヨーク市消防学校では、入校日のオリエンテーションで、次のような内容を話す。

「君たちが消防士になるということはそれぞれの人生にとって、とても大きな決断であり、いずれ、この仕事に就いたことがいかに素晴らしいかを実感するだろう。
今、君たちの座っているいすには過去に何万名もの消防士たちが同じように座っていた。 その中には、立派な消防士となったが、残念ながら、現場で殉職したり、もう、この世にいない人たちもいる。
周り座っている仲間を見渡してほしい。君たちは今日から、何十年もニューヨーク市の消防士として、住民を守り続ける同志であり、配属された消防署で生活を共にする兄弟や家族である。
これから消防学校で行われる数々の厳しい訓練を乗り越えた者だけがニューヨークの消防士として活躍することができるが、常に自らを育て、仲間を助け、人々の命を守り続けるために消防士としての心を育み、自分の人生を捧げるという消防士としての人生を選択するのは君たち自身である」。

そして、消防学校での訓練教育内容は、それぞれの消防士の力をどこまで最大限に引き出せるか?また、現場で必要な知識や技術をどれだけ深く理解させて、安全に実践できるかを一挙手一投足までチェックし、十分に指導し、課題を与えた後に評価し、個々の改善点を具体的に指摘して、その場その場で着実に成長させていく。

その中で、外部講師として現場で活躍する消防士たちが訪れて話す、困難な活動事例や危険な現場でのさまざまな心を動かした出来事については、初任科生たちが最も熱く「消防魂」という消防士としての心構えを学ぶ時間で有る。

その内容は多種多様な災害現場活動におけるテクニック的なことから、市の条例等の守るべき法律やルール、自分たちの帰りを待つ家族のことまでを思い思いに話し、初任科生たちも目を輝かせて聴くと同時に質疑応答にも答えてくれる。

一番、心に残る言葉は「住民の生命・身体・財産・生活を守ると同時に自分たちも同じく、消防士としての生命・身体・財産・生活をきちんと守ることができて、はじめて消防士として、その使命を全うすることができる」という内容である。

そのためには、非番日にいかに家族と大切な時間を過ごし、自分を支えてくれる家族のために、当務日の消防活動を終えたら、必ず、無事に家に帰ることをゴールにして、何年経っても消防士としての新しい毎日を迎えることができる、仲間への感謝の気持ちにも繋がっていく。

●世界の消防士の1人として

世界的な観光地であるニューヨークは世界中から消防士が訪れの街だ。Rescue Companyなど、映画やドラマ、ドキュメンタリーなどで、何度も紹介されている消防署を訪ねて、ニューヨークの消防士達との記念写真を撮りに訪れる。

時間があればステーションツアーとして、一番若手の隊員が、消防署内の施設を案内したり、消防車や装備の紹介をしたり、管内の災害特性などを紹介しながら、お互いの知識や意見を交換したり、消防談話で盛り上がる。

そして、消防士という家族意識を深め、帰るときには必ず、「Be Safe, out there!(気をつけて活躍しろよ)」「Thanks, you, too!(ありがとう。お前らもな!)」という、消防士特有のお互いの消防魂を讃えるハグとともに心温まる挨拶を交わす。

※お互いの消防魂を讃えるハグの方法については、いつか、講演の際に紹介したい。覚えておくとアメリカへの海外消防派遣研修の際に役立つと思う。

アメリカで行われるFDICやEMS Expo、ドイツのハノーバーで開かれるINTERSCHUT(インターシェッツ)など、世界の消防士たちが集うイベントに行くと、自分が消防士であることを誇り高く感じると思う。

同じ生命の周期に消防士として、人生を選択し、日々、国は違っても地球のどこかでその目的を果たしている同志の集まりに会うことは、消防士になったことへの喜びが高まり、胸が躍り、感動する。

今まで、34カ国の消防署を訪れたが、どの時代においても消防士達は地球規模の大きな家族で有り、それぞれが日々、自分の家族を大切にして、仲間と共に地域住民を助け続けることで、その消防魂のエネルギー層は拡大し、世界中で活躍する消防士達の心のビタミンとして駆け巡るような気がする。

FDIC International 
2019年4月8〜13日 インディアナ州インディアナポリス
https://www.fdic.com/index.html

EMS Expo
2019年10月29日〜11月2日 テネシー州ナッシュビル
https://www.emsworldexpo.com/

INTERSCHUT
2020年6月15〜20日ドイツ国ハノーバー
https://www.interschutz.de/


INTERSCHUTZ 2020 | Offizieller Teaser(出典:YouTube)

(了)


一般社団法人 日本防災教育訓練センター
https://irescue.jp
info@irescue.jp