※画像はイメージです

~ABCDE(F)アプローチ~

朝から具合が悪いと言っていた中澤さん(44才男性、仮名)が作業中にあなたの目の前で崩れるようにうずくまってしまいました。「お~い、大丈夫か!」すぐさま駆けつけた同僚たちが中澤さんを取り囲み、抱え起こして声をかけます。中澤さんの顔色は青ざめ、額にはびっしょりと冷や汗をかき、息が荒くて苦しそうです。一体何が起こったのでしょう? 我々は何をすればよいのでしょう?! 

編集部注:「リスク対策.com」本誌2015年3月25日号(Vol.48)掲載の連載を、Web記事として再掲したものです(2016年10月27日)。

人間の生命は空気中の酸素を取り込み全身に供給することで維持されています。その為には空気の通り道(気道:きどう)が開通していなくてはいけません。気道から吸い込まれた酸素は肺で血液に取り込まれます。これが呼吸です。酸素を含んだ血液は心臓から全身へ送り出されます。これが循環です。循環によって脳に血液が流れることでさらに気道から酸素を取り込み、呼吸しようとするサイクルが作られます。このサイクルのどの部分が障害されても生命の維持は困難です。

 

はっきりとした病気の診断はすぐにはわからなくても、生命維持サイクルの中で一体どこが問題なのかを酸素の流れに沿って系統立てて評価する方法が今回紹介するABCDE(F)アプローチです。我々医師も全く同じ考え方で傷病者を評価しています。今回は特別なトレーニングを必要とせず非医療従事者の方々でも使えるようにエッセンスだけを凝縮した簡易版のABCDE(F)アプローチを紹介します。

 

A:Airway(気道)の評価と処置 

口や鼻から喉の奥、肺までの間の空気の通り道のことです。 

 

呼び掛けてみて、声が出れば気道は開通しています。いびきをかいていたり、喉の奥で痰が絡んだような音「ゴロゴロ…」等が聞こえると、完全に気道が開通しているとは言えません。 

 

気道を開通させる為にはあごを上げる方法があります。

また意識がない傷病者では「回復体位」という身体を横に向けて手を枕にする方法もあります。

吐物などで気道がふさがっているときは手でかき出すという方法もありますが、逆に喉の奥に押し込んでしまうこともあり注意が必要です。

B:Breathing(呼吸)の評価と処置 
気道から吸い込まれた酸素が肺から血液に取り込まれます。呼吸に伴う胸やお腹の動きを観察します。ゆっくりと穏やかな呼吸でしょうか?苦しそうに肩で息をしていませんか?

時計を見ながら呼吸回数を数えてみましょう。胸やお腹が膨らんでから元に戻る動きをまとめて1回と数えます。理想的には1分間測定しますが、慌ただしい現場での簡便法として15秒間測って4倍する方法もあります。正常な呼吸回数は15回/分前後であり、10回/分以下1秒に(6回)は少なく、20回/分以上(3秒に1回)は多い(呼吸が速い)と表現されます。 

Bの異常に対する処置の中で、現場で一般人(特別なトレーニングを受けていない非医療従事者)ができることは限定的です。もし、やるならば、①傷病者の一番楽な姿勢をとらせる(臥位が良いとは限らない、例:心不全や喘息発作では頭を上げて座らせた姿勢が楽な場合もある)②、酸素投与(職場にあって使用方法などが把握できていれば)③傷病者の様子を継続的によく観察することです。

C:Circulation(循環)の評価と処置 

全身への循環に異常が出た場合、つまり血圧が下がったときによく見られるのは、顔色が青白くなり、全身に冷や汗をかいている状態です。皮膚を触ると冷たく、じっとりと湿っています。 

 

脈を触れ、速くないか遅くないか? また触れ方が弱くないかを観察します。 

Cの異常に対する処置の中で、現場で一般人(特別なトレーニングを受けていない非医療従事者)ができることも限られます。①傷病者を臥位(横にする)にする、②傷病者の様子を継続的によく観察することです。

D:Dysfunction(意識、脳や神経の機能)の評価と処置 
呼びかけに対する反応を見ましょう。覚醒していて何らかの意思疎通を取ることができれば概ね意識は良好です。呼びかけに反応があるのか? 痛み刺激に反応があるのか? それとも反応がないのかを見ます。 

意識が悪いと気道(ABCDE(F)のA)が塞がってしまう可能性があるので回復体位にします。 

四肢の動きはどうでしょうか?脳の病気(例:脳梗塞や脳出血)では片方(右か左)の手足の動きが悪くなったり全く動かなくなることがあります。傷病者の様子を継続的によく観察しましょう。

 

E:Exposure(全身観察)の評価と処置 
ヘルメットのストラップや衣服のボタン、ベルトを緩めます。全身を観察する為に脱衣(Exposure)させますが、このときプライバシーにも十分配慮します。熱はないでしょうか? 異常に手足が冷たくないでしょうか? 周りの環境や状態に応じて保温(Environmental Control)につとめます。また、周りで見ていた方にいつからどのようになったのかを聴き、何か持病がなかったかについて産業医や健康管理センターに問い合わせます。こうして追加情報(Extra Information)を集め、救急隊や医療担当者へ申し送ります。

F(family:家族)
工場内の医務室で休んだのちに帰宅可能になったとはいえ、ひとりで帰宅させても大丈夫でしょうか?  医療機関へ搬送する場合は家族の付き添いが必要です。家族しか知らない重要な健康上の問題があるかもしれません。できるだけ早く家族へ連絡しましょう。

まとめ 
急病人に対するABCDE(F)アプローチについて概説しました。生命を維持するために必要な酸素の流れに沿って順番に系統立てて見ていくことで、見落とし無く重症かどうかを判断し、どこに異常があるのかを評価する事ができます。

(了)