西武池袋線の石神井公園駅(出典:Wikipedia)

東京都23区内の災害対策は多様です。それは、地形や過去の経験が様々だから。お住まいの地域の防災対策が「その区ならでは」のものになっていることをご存知ですか? まずは、住んでいるまちのことを知り、そのまちで安心して暮らすための対策を知る。その行動次第であなたの大切な人の命が救われるとしたら…? 23区の「その区ならではの自治体の取り組みと住民の活動をここで一挙にお伝えします!今回は、練馬区です。


まちを彩る赤いバケツ

歩いていると家の前に赤いバケツがさり気ないけど存在感を発揮して並ぶ町があります。練馬区の高野台5丁目中央地区です。

この赤いバケツは…?

「真夏には暑さを和らげるために『打ち水』をして、地面の温度を下げる。災害時には、バケツリレーで火を消せるように。そして何よりも赤いバケツがあることで、一定の防犯対策にもなるんです」と話すのは、高野台5丁目中央地区住みよいまちづくりの会の松長孝治さん。

自分たちのために「防災・防犯対策」を住民自ら実施しているという意思表示にもなる赤いバケツ。

2018年3月現在、120個のバケツが各所で町を守っています。

高野台5丁目中央地区 防災まちづくりの会「まある」作成のマップ

2011年10月、地域内に住む方々がさまざまな活動を通して結びつきを深め、災害時には互いに協力し合えるようになることを目指し、防災まちづくりの会「まある」が生まれました。

焼きトウモロコシ、ヨーヨー釣りなど子どもも喜ぶ縁日に、非常食試食など防災のコンテンツを盛り込み、「打ち水」をした後にアルファ米クッキングや防災グッズの展示・試用を実施。避難拠点である谷原小学校までまち歩きをした後におもちつき大会をする「防災+おもちつき」…とイベントに防災の要素を加えて子どもたちの参加を促進してきました。

拠点から広がる活動の輪

防災まちづくりの会「まある」の活動を支えているのが「まあるカフェ」。防災まちづくりの会「まある」に所属する松長さんご夫妻の自宅の空きスペースを利用し、住民間のコミュニケーションを深める場として、2017年10月にオープンしました。

住宅街の一角にある「まあるカフェ」

優しくオーダーを聞いてくださるのは、近くに住む竹内信子さん。週末になるとドリップコーヒー担当で店に立つ平井裕二さん。店先のオープンスペースのベンチの修理に臨む山口雅樹さん。奥様の山口美保子さんは、ピザ、焼き菓子づくりの担当。メインのパスタなどランチメニューを担当しているのが、ご自宅を開放している松長貴子さん。ほかにも数名のスタッフがいて、すべて地域にお住まいの方の力が集結してカフェの運営が行われています。

一人ひとりが役割を持ち、やりがい・生きがいを感じながら営業中!

カフェを拠点にイベントなどを開催すると、子どもや若い世代のパパやママが訪れる。ママの憩いの場にもなり、お年寄りの休憩場所にも、待ち合わせ場所にもなっていく。町では、カフェで出逢ったことがきかっけで挨拶をする人、手を振ってコミュニケーションを取る子どもも増え、まさに地域の交流発信拠点となっています。

週に2日の営業。みんなが無理のない範囲で行える営業日数が長く続けるコツ

「駅から家まで歩いていると知り合いに会わない時がないくらいです」と話すのは、まちづくりの会の代表を務める山口雅樹さん。企業務めをしていた山口さんにとって、地域にお知り合いが増えたことは、うれしい現象。お話する山口さんの表情は非常に穏やかで安心感があふれる笑顔です。

豊かに住み続けるための「まちづくり憲章」を制定!

まちを歩いていると…赤いバケツに加え、もう一つ、家の前に掲げられているものが…それは、高野台5丁目中央地区「まちづくり憲章」。

住民主体でまちづくりを進め、住みやすい、生活しやすい豊かな住環境を創造しようという住民の意志を内外に示し、共有することを目的として制定されました。

実は、「高野台5丁目中央地区住みよいまちづくりの会」が発足したのは、2007年。低層住宅が多い地区内にマンション建設計画が立ち上がり、反対運動として住民が動き出しました。

この運動が起こったのも、自分たちが住む町を愛する地域の思いがあったから。
始まりは、反対運動でしたが、みんなで高野台5丁目を住みよい「まち」にしていこうという思いが高まりました。そして、よりよいまちを創るためにサポートしてくれる「みどりのまちづくりセンター(https://nerimachi.jp/)」の方々とも協働しながら、憲章が出来上がったのです。

歩いているふと目に入り、読み返す。住みよい「まち」を保つために立ち返るきかっけになっています

まあるカフェに小学生が集うような空間づくりを

憲章を掲げ、地域のつながりづくりを少しずつ強めるためにイベントを開催し、まちづくりの会の皆さんの活動は、一歩一歩着実に前に進んでおられます。
これからの展望は…?とお伺いすると…

「子どもは地域が育てるもの。昔、この町が一面畑で、ご近所の方と挨拶を交わしていたような田舎のような風景がこの『まあるカフェ』の空間で再現できるといいなと思っています」と松長孝治さん。

間髪入れずに…

「そんなこと考えていたの?いいこと言うじゃない!」と奥様の貴子さんのツッコミが入り、場は笑いでいっぱいに。

「憲章」「赤いバケツ」「防災講座」…いろんな取り組みに挑戦するけど、すべてはこの日常の和やかな会話がこの町を支えている…と実感した瞬間でした。

この心地よい日常にある何気ない会話の風景が住み続ける町で当たり前のように溢れていることが、何かあった時の助け合いにつながる…高野台5丁目中央地区の皆さんから改めて教えていただきました。

防災・減災対策…? 難しいこと…じゃないのかもしれない。ただただ、日常でまちに笑顔が溢れ、挨拶が行き交う風景がまずはあることが大切。その状況が対策に繋がるのかもしれないな〜。

「集合写真なんて珍しいわね〜」と恥ずかしさがにじみ出る撮影風景でした。

「まあるカフェ」、気になった方は是非、訪れてみてください。初めての方も自然と優しい笑顔で出迎えてくださいます。

(了)