住宅火災 

真夜中 寝室

悪夢にうなされている。火炎に囲まれたベッドで寝ている。木とプラスチックの燃える悪臭とともに分厚い黒い煙があなたの鼻と喉に一杯になるとき、恐怖で動けない。夢を見ているのだから、目を覚ませばよいのだと思う。そのとおり起きて目を開けると、悪夢は現実であることがわかる。家とあなたの周りのものは全て燃えている。炎がすぐそばにあるので熱い。いまだかつて経験したことがない熱さである。ベッドからはい出して床に倒れたとき肌に分厚い煙が押し付けられるのを感じる。できるだけ床に近くいるのがよいと誰かが言っていたことを思い出す。しかしそこに救いはない。熱と酸素不足があなたの心臓をどきどきとさせる。希望は遠のき、もう終わりだと悟る。意識を失いつつあるとき、遠く家のもう一方の端で、煙感知器がピッチの高い音を出すのを聞く。近くの煙感知器用に買っておいた新品の電池が使用されないで台所のカウンターにある。あなたの命を救ったかもしれない電池が交換されずに。

「サイコロを転がすのは計画ではない」

新しい電池を煙感知器に入れるべきであったことは言うまでもない。しかしクライシスになるまでは、明らかであるようなことの多くが明らかではない。その明らかなことから始めよう。あなたはあなた自身と家族のために災害に備えなければならない。

初めて聞くことではないだろう。今日では至る所で災害用キットを組み立てるべきであること、あるいは計画を立てるべきであること、の広告がなされている。国土安全保障省の公式ウェブサイト(Ready.gov)から疾病管理予防センター(CDC)のゾンビ準備キャンペーン、アメリカ赤十字の「赤十字よ、準備せよ」プログラムまで、あなたに準備を促して、たいそうな時間と努力が費やされている。問題はこれらの時間と努力が無駄になっていることである。

なぜ準備すべきか、は明らかである。最初に重要な問題である。誰もそれを話すのは好まないが、あなたは死ぬかもしれない。ほんの瞬間でも思ってみるべきだ。近親者の誰かが死ぬと、あなたの生活にどれほどのインパクトを与えることか。感情的なものだけではなく、実際上の影響もある。遺言書がなければ遺族に大きな感情的そして金銭的なストレスがかかる。まだそうしてないなら遺言書を作り生命保険のファイルを整理することをお勧めする。最悪の事態になったとき家族を助けるであろう。

 

家や貴重品を失うこともありうる。家族や友人との別離があるかもしれない。失職してお金に困る可能性もある。

信じようが信じまいが、災害は健康に良くない。自然災害は慢性病を悪化させるとの研究結果がある。処方箋薬を入手できなくなり、治療の機会を失うからである。メンタルヘルスにも影響がある。記憶や集中力が減退する。さらに悪いことには、PTSD、うつや不安症もあり、あなたの生活の質に深刻な影響がある。

最後に災害はあなたの共同体生活に重大な中断をもたらす。友人や隣人、クラブやスポーツチームのようなソーシャル・ネットワークを失い、あなたは孤立する。しかしあなたは悪いことは起きないだろうとの希望を持ち、そうしたことは考えたくないと思う。それが、あなたが準備をしない理由である。

準備をしない言い訳は、準備すべき理由と同じくらいたくさんある。あなたはなぜ準備をしないのか? いくつかの理由を考えることができる。まず運命論から始めよう(運命と言えばその通り、もう時間切れならそれで済ますこともできる)。恐怖がある(災害対応計画は不吉である。計画をすると起きるのではないか)。反抗的態度がある(恐怖とともに生きることを拒絶する)。お金がかかる(お金の余裕がない。自分は裕福ではない)。見当違いの信頼である(政府が面倒を見てくれるだろう)。自己満足がある(始めるには年をとりすぎている)。信仰がある(神の加護がある)。思うに真の理由はよくある引き延ばしであろう。いずれやることになるだろう思いながら、ぐずぐずと先延ばしにする。

ここにデータがある。あなただけではない。15年間にわたる調査の結果、ほとんどの人は準備をしていない。

ハリケーン・カトリーナの4年後、連邦緊急事態管理庁(FEMA)の調査に回答した人のうち家に災害対策用品を備えているのは5割をわずかに超える程度だった。他の全国サーベイも同様の惨憺(さんたん)たる結果を示している。全国民の9割以上は重要だとは思っているが、緊急事態の準備を始めた人は5割でしかない。地震や津波のような危険地域に住んでいる人でさえそれほどの準備はしていない。

準備をしない理由の根底には希望という人間固有の感情がある。希望は我々の日々の生活には極めて有用なものである。例えば朝、仕事に飛び出す前に時間を取って巨大な恐ろしい世界で起こりうるすべての悪いことを思い浮かべるとすればどうだろう。胎児のような姿勢で毛布にくるまれて、家に居ようと思うかもしれない。

希望によって我々は恐怖に妨げられずに日々の生活を送ることができるが、今やっておけばどうしようもない悪いことが起きた時に役に立つようなちょっとしたことをするのを妨げる。

「最善を望み、最悪に備える」ということを聞いたことがあるだろう。それはいいアイデアなのであるが、多くの人は最善を望んだところでストップしてしまう。実際に準備をするとなるとやめてしまう。やることが多すぎる、買うものがたくさんすぎる、恐ろしすぎて考えたくない。そして熟慮するかわりに、あらゆることを否定することで突き通すことのできない煉瓦壁のようにブロックしてしまう。

希望の煉瓦壁。

その壁は心地よい。「私には起きないだろう」と思わせてくれるのだ。

 

理由はブラックスワン

白くないスワンを見た人はいないので、“ブラックスワン(黒い白鳥)”は16世紀のロンドンで不可能なことの代名詞になった。それは1697年に、ドイツの探検家がヨーロッパ人としては初めて西オーストラリアでブラックスワンを見たことによって終わった。

ナッシム・ニコラス・ターレブはその著作『ブラックスワン』で我々の希望の煉瓦壁に風穴を開けて、この捉えどころのない生き物を解明した。彼は第一次世界大戦、ソ連の崩壊、9.11テロをその例として挙げている。ヘッジファンドのマネージャーそしてデリバティブのトレーダーであったターレブは銀行と取引業者はブラックスワンに対して脆弱であり、彼らの欠陥のある金融モデルをはるかに超える損失のリスクにさらされていると主張する。

2007年にその本が出版されたとき、ニューヨーク市そして全国の災害専門家はウォールストリートのリスクに関するユニークな洞察と、それがニューヨーク市とそれ以外の広い世界にも当てはまるものであることに衝撃を受けた。

それ以来、災害専門家は“ブラックスワン”という言葉を広範な大災害を指すものとして使用してきた。それゆえこの本でも大災害の同義語として扱うことにしよう。

ターレブのブラックスワンには3つの特徴がある。第一に、それは過去のいかなる出来事からも起きるだろうとは想像できないものであり、我々の想定をはるかに超えるものである。第二に、それは途方もないインパクトを与えるものである。第三に、我々は事後的にそのことの説明を考え出して、それがあたかも予見可能なことのように見せかける。

あなたが生きている今日、ブラックスワンが現れる確率は低い。あまりに低いので計算できないほどである。それゆえ無視する。しかしいつ起きてもおかしくない。そして一旦発生すればその結果は、人類の歴史において突出したものとなるほどに凄まじいものである。ターレブは、ブラックスワンをもっとうまく予想する必要があると言っているのではない。それは我々が思っている以上に頻度が高く、なおかつ破壊的であることを理解してほしいということである。

みんなが知っての通り世界の終わりだ
誰もがこれを信じてほしいというのではない。『灯りが消える』でテッド・コッペルは“プレッパー(備える人)”のことを取り上げている。希望の煉瓦壁を超越した生き方をしている人たち、核爆弾や大停電への備えに精を出して食料品や生活用品を山のように買い溜めている人たちである。

プレッパーは、大災害はもうすぐそこまで来ていると心底思っている。それを特別の言葉で表現してグループのアイデンティティ(同一性)を創り出している。ヨーヨー/YOYO (you’re on your own:あなたは自立している)、グッド/GOOD (get out of Dodge:とんづらする)、そして言うまでもなくテオトワキ/TEOTWAKI (the end of the world as we know it:みんな知っての通り世界の終わりだ)といった頭字語である。

全米に何百万人といるプレッパーのうちコッペルはワイオミングへの入植者の例を紹介している。家を建てるために何千個という日干し煉瓦を手作りし、魚を貯めるために3エーカーの湖を掘った人である。

プレッピング(準備)がかっこうよいものになる前はモルモン教徒もプレッパーであった。モルモン教会の災害準備は他に比類のないものである。巨大な倉庫、ハイテクのバター・チーズ工場、果樹園、自前のトラック会社―最悪の事態を予想するという長い伝統の賜物である。

ブラックスワンに責任をもつのは誰か?
切迫した終末に備える人もいる一方、大方の人は希望の煉瓦壁に囲まれて暮らしている。自分と家族のために準備をしようと思うか思わないか、二種類の人がいるというのが現実である。それは人間の性である。

しかし私のようにそれを職業としている人間には当てはまらない。あなたはブラックスワンとの闘いに出かける準備を私に頼っている。災害ビジネスにおいてはそれを“問題の責任を持つ”という。しかし我々災害専門家も人間である以上、同じ希望の煉瓦壁と格闘せざるを得ない。それゆえあなた方が我々を責めるとき、我々は貴重な時間と金を使って準備キャンペーンを行い、あなた方の責めにする。

ニューヨーク市では16年前に希望の煉瓦壁が崩れ落ちた。美しい9月の朝、9時59分、世界貿易センターの南タワーが崩壊して、宇宙に大きな穴を切り刻んだときである。私はロウワー・マンハッタンにある保健省本部の3階の窓から目撃した。床が揺すぶられ、部屋に雷のような轟きが断続的にこだましたとき、社会構造が破壊されたように感じた。私にはいよいよ終末なのだと思えた。

その朝からニューヨークの災害専門家はもはや大災害に対する我々の脆弱性について幻想を抱くことはなくなった。あの恐ろしい日に我々には洞察という贈物が与えられた。それは我々を恐れさせるどころか大いに力づけるものであり、それをしっかりとつかんで離さないよう懸命に仕事をした。それ以降の行動のすべては、我々は可能な限りの準備をはるかに上回るインパクトに曝されているという認識の下でなされたものである。ブラックスワンと闘えるほど強くはないので、我々のチーム、計画、資源、能力を構築する努力をやめるわけにはいかない。

私が2006年にニューヨーク市緊急事態管理局(以降OEM)に入局した後、我々はその洞察という贈物を地域そして国中の同僚みんなのものにしようと努力した。その主張を福音のように周囲の郡や州さらには連邦に説いて回った。我々が彼らを援助するというだけでなく、彼らに我々をよりよく援助させるためである。

これから見ていくように本物の前進があった。絶え間ない闘争ではあったが。解決すべき複雑な問題、資源の制約、政治など多くの課題はあったが、ほとんどのものは我々の頭の中にあるものであった。もしくは、より具体的には我々が助力を求めなければならない人たちの頭の中にあるものであった。

(続く)

翻訳:杉野文俊
この連載について http://www.risktaisaku.com/articles/-/15300