負担を女性にばかり押し付ける社会の変革が必要です(出典:写真AC)

夫の会社の無理解で負担増

「えー、もう帰るの? あそっか、時短だもんね」同僚たちの冷たい視線の中、そそくさと荷物をまとめるA子さん(女性・35歳)。

ここは都内の上場企業の営業部門。A子さんはマーケティングチームで、市場分析などを担当しています。

A子さんは半年前に育休から復帰したばかり。会社の時短制度を利用して保育園の送り迎えをしています。夫は別の中堅企業で経理課の課長をしていますが、「男の育休などもってのほか!」という社風の中、子育ての負担はA子さんに。突然熱を出したりする子どものために早退したり、残業のときは保育園まで走ったり、大変な思いをして仕事と両立しています。

仕事には魅力とやりがいを感じており、さらに上を目指すため、子どもが寝てからマーケティングの勉強をしたり、次の昇進試験を受ける準備もしていました。しかし、妊娠中は協力的だった夫も、ここ最近は残業続き、昇進を前に上司との飲み会も断れないとのことで、家事は一気にA子さんに降り掛かってきました。

A子さんが勤める会社では、育児休業の制度を利用している人も少なくありませんが、A子さんは何となく戦力外という扱いを受けていると感じています。上司(男性)からは「あなたは、当分転勤は難しいでしょう」と勝手に決め付けられ、昇進試験も先延ばしにされてしまいました。新しい仕事に取り組みたいと手を挙げたときにも「勉強する時間がないのに大丈夫?」と言われ、チャンスをもらえなかったといいます。

思い込みが発展を阻害

さて、この事例が示しているのは「これが普通である」という昭和の常識です。そしてそれが国民に「意識せぬ偏見」として浸透しているのです。女性は結婚、妊娠、出産、育児をするもの。そしてそれを最優先させることが、一番の幸せ、そうするのが普通、という常識です。本来、誰でもそうとは限らないのに、意識せず私たちはそう思い込んでいるのかもしれません。

私たちの意識には、常に「意識せぬ偏見」というものがあり、思考はそれに支配されるといいます。例えば、イノベーションは若者しか起こせないとか、老人に難しい話は無理とか、女性は運転が下手など、数えればきりがないほど「意識せぬ偏見」は多いのです。

私は社内のハラスメントの多くは、この「意識せぬ偏見」や「日本に古くからある常識」(これが普通である)などからはみ出した行為を排除しようとする動きから発生しているように思えてなりません。これは多様性を認める社会とは、逆を行く思考です。

女性活躍推進がわざわざ強調されるほど、女性が活躍してこなかった国、日本。子育ては女性がメインで男性は補助、だから男が子育てを楽しんだり、そのために休むなんて女々しい行為、と言われ続けてきた国、日本。これをこの先どうやって変化させればよいのか、企業ぐるみ、国家ぐるみで取り組まねばならない問題であると思います。

(了)