家庭に消火器を備えるのは普通の人にはハードルが高い!?


住宅が密集している東京都では、地震ごとに焼失の被害想定がシミュレーションされています。

首都直下地震による東京の被害想定報告書から。 図は火災による消失棟数分布。マグニチュード6.9の東京湾北部地震。冬の夕方18時、風速6m/sの場合

 

詳しくは下記のリンクから見ることができます。

「首都直下地震による東京の被害想定報告書」(火災による焼失棟数分布)
http://www.bousai.metro.tokyo.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/000/422/shiryo7.pdf 

となれば、「みなさん消火器は備えてますね!」

とお聞きすると、シーン・・・・となることが多いです。
職場ではちゃんと準備しているというのに、台所火災の心配のある自宅のほうが無防備なのかもしれません。

買わない理由をお聞きすると、これまた「シーン」。
でも、これ、防災意識がないから・・ではないことがわかりました。

わかっているけど、なぜか出来ない。
そんな時、防災意識の低さが問題にされがちですが、こどもの時、こんな経験ありませんでしたか?

「わからないことがあったら質問して」と言われても、わからない事がわからないから質問出来なかった事って。

消火器購入に二の足を踏んでしまう理由、それは、防災意識が低いからではありませんでした。処分が大変ということだったのです。処分しやすい商品が存在することや、処分の仕方をお知らせしたら、初めて、「それなら備えたい」「そこでつまずいていたんだ」と気づいて備える方が増えました♪

古い消火器の使用では、死者も出ています。
平成13年には北海道と愛知で、20年以上経過した消火器を使用し、底部爆発により、顔面直撃、死亡という悲しい事故が起こっています。消火訓練中の死亡事故があった年もありました。
http://www.bo-sai.co.jp/bakuhatujirei.htm

マンションによっては、定期的に点検交換という処分対策をとっているところもあります。でも、多くは自分で期限が過ぎていないかチェックしなければいけません。

ついつい忘れてということも多いので、期限チェックは、ハードルが高いです。
処分方法についても、回収はしてもらえるけど、「費用は取扱い店にお問い合わせください」というものも多くて、さらにさらに高くなるハードル。おまけにこんな注意喚起まで・・。

東京消防庁ホームページから。さらにハードルが高まる・・・

東京消防庁ホームページ「古くなった消火器は破裂する危険があります!」
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/topics/201308/f_ext/

「倒さないで」という注意書きのものもあり、こどもが倒してしまうおそれがあると、ますます購入をためらうということに。

どうでしょうか?意識が低いのでは?といくら火災の危険を啓蒙しても、実践してもらえなかった理由を理解していただけたのではないでしょうか?

エアゾールタイプは、上記の消火器回収では回収してもらえません。古紙や布などに薬剤の残りを噴射して、燃えるゴミへ。スプレー缶は、中を空にして不燃ゴミへという手順になります。

そんなあなたにピッタリの消火器はこれ!


庭もないし、こどもも小さいから噴射して捨てる場所がないという方であっても、処分しやすいものが下の写真のこのタイプ。

(注)てんぷら火災には別商品が必要です!

「自治体の指定にしたがって家庭ゴミとして捨てられるものもあります」とお話しすると、「シーン」が「おー」の歓声に変わります。

処分のしにくさは、意識していたわけではないけど、過去にみた報道などでなんとなく不安に思えていたからこそ、ここで、「おー」となる気がします。

消火器メーカー各社が処分のしやすさを前面に出すことは少ないです。でも、ここ、重要ですから!いつもゴミ出ししている人は、ゴミの軽減に気をつかっていますからね。有料ゴミ袋の自治体も増えていますし。家庭でゴミ出しをしている人なら、消火器の処分方法について、もっと開発、広報されれば、消火器が普及する!と肌で感じていただけるかと思います。ピンとこなかったゴミ出しされていない方。家庭の防災はまずゴミ出しからですよー!

さらに、このタイプ、軽いので、避難する際にも持っていけます。

首都直下地震対策検討ワーキンググループ最終報告の概要 (平成25年)
http://www.bousai.go.jp/jishin/syuto/taisaku_wg/pdf/syuto_wg_gaiyou.pdf
では、

「市街地火災からの避難: 火を見ず早めの避難」とまとめられています。
火がみえてからじゃ遅いということです。しかし、避難の途中で、火災があるかもしれません。そんな時、軽く持ち運べて避難を助けるタイプの消火器はありがたいです。

いかにも防災やってます!という雰囲気がちょっと重たい(笑)というあなたには


ただ、処分しやすい消火器でも家に置いておくと、いかにも防災やってます!という雰囲気がちょっと重たいというか(笑)

目立ったほうが安全だという方はそうしていただきたいですが、やっぱりビジュアルが・・・という方、こんな方法はいかがでしょうか?

藍の深い色が美しい!

ぴったりサイズの巾着に入れてみました。これは和歌山で講演した際、老舗のお醤油やさんで発見した帆布で500円の醤油もちかえり袋です♪

うちではこれに消火器を入れ小窓に飾っています。

藍の深い色が美しい!

しかも、この巾着、アウトドアで人気の、すぐお湯がわかせる、まるで、電気湯沸かし器みたいな熱効率をよくしたバーナーがあるのですが、これがちょうど入る大きさなのです!

火を消す消火器も入れられて、火をつけるバーナーも入れられる巾着、ステキ!

バーナーも入る巾着袋、ステキ!

あ。消火器のお話でしたね。失礼しました!

こんな話を参考に、みなさんのご家庭にあった消火器をみつけて楽しく飾っていただければ嬉しいです!!

そして、最後にちょっと余談ですが、防災イベントでよくある水消火器の的あてゲーム、ご存知ですか?あれは楽しいので、こどもにも大人にも大人気です。大人気なんですが、ぼそっと親たちが、「使う時あるの?」とつぶやくこともとても多いです(苦笑)。

確かに、学校も消火栓が多く、訓練で使う様な消火器を、こどもたちが見たこともないという事も多くなってきました。これからは、いろいろな消火器で体験してみるなど、訓練も多様性があったほうがいいのかなと思っています。

みなさんの自助にも共助にも生かしていただければ嬉しいです。

(了)