梅雨入り! 雨が気になる季節になってきました。

ウェザーニュースのサイトでは、西日本で雨が多めで、九州では大雨という予報も。

http://weathernews.jp/s/topics/201605/200005/

平成26年広島豪雨災害、平成27年関東・東北豪雨災害と、立て続けに豪雨災害も起こっていますし、熊本地震では土砂災害もありました。地震と豪雨災害が重なることは、もう想定外ではすまされない昨今です。

それなのに!それなのに!

避難袋の中には、100均で買ったレインウェアだけなんていう人はいませんか?

2003年からアウトドア用レインウェア(透湿防水素材)の日常使いで災害対策を!と講演してきたので、災害現場入りする政治家のみなさんや報道関係の方の服装をウォッチしていました。

東日本大震災を機に報道関係の方は、がらりと変わりましたよ!

今後、雨の中継があったら、ぜひ、キャスターのレインウェアに注目してみてください。ほぼほぼみなさんアウトドア用ですから!

おそらく・・ですが、現場に入って、これでなければと実感されたからではないかと思うのです。

何がそんなに、100均のものと違うかというと、アウトドアの世界では、雨に濡れると命に直結するので、レインウェアは最重要装備なのです。

濡れると、人は体温をつかって乾かそうとします。そうすると水が気化する際、気化熱によってまわりの熱を奪います。結果、体温がどんどん下がります。恒温動物である人は、直腸温が35度以下になると、生命を維持するのが難しくなり低体温症になります。低体温症は、あっという間に人が死んでしまう・・そんなイメージが山を知っている人には強くあります。

たとえば、

2009年トムラウシ山遭難事故の事故調査報告書
http://www.jfmga.com/pdf/tomuraushiyamareport.pdf

凍傷に詳しく登山家でもある 金田正樹医師の低体温症の報告書。P48からは、登山に興味がある人だけでなく、広く、災害救助にあたる方にも知っておいてほしい情報満載です!

金田 正樹

1946年、秋田県生まれ。1971年、岩手医科大学卒業。整形外科医として、秋田大学整形外科、関東逓信病院、聖マリアンナ医科大学東横病院を経て、現在、向島リハビリクリニックセンター長。登山は高校時代からはじめ、1969年、西部ヒンズークシュ無名峰初登頂、70年、中部ヒンズークシュ無名峰初登頂などの記録を持ち、73年、第2次RCCエベレスト登山隊にドクターとして参加。海外の災害救援も、85年のメキシコ地震、90年のアフガン紛争、91年の湾岸戦争、96年のバングラデシュ竜巻災害、02年イラク戦争などの医療支援に当たる。NPO災害人道医療支援会理事

 

以下、「2009年トムラウシ山遭難事故の事故調査報告書」から引用

[体温変化とそれぞれの症状]

36 ℃
寒さを感じる。寒けがする。

35 ℃
手の細かい動きができない。皮膚感覚が麻痺したようになる。しだいに震えが始まってくる。歩行が遅れがちになる。

35 ~ 34 ℃
歩行は遅く、よろめくようになる。筋力の低下を感じる。震えが激しくなる。口ごもるような会話になり、時に意味不明の言葉を発する。無関心な表情をする。眠そうにする。軽度の錯乱状態になることがある。判断力が鈍る。
*山ではここまで。これ以前に回復処置を取らなければ死に至ることあり。

34 ~ 32 ℃
手が使えない。転倒するようになる。まっすぐに歩けない。感情がなくなる。しどろもどろな会話。意識が薄れる。歩けない。心房細動を起こす。

32 ~ 30 ℃
起立不能。思考ができない。錯乱状態になる。震えが止まる。筋肉が硬直する。不整脈が現れる。意識を失う。

30 ~ 28 ℃
半昏睡状態。瞳孔が大きくなる。脈が弱い。呼吸数が半減。筋肉の硬直が著しくなる。

28 ~ 26 ℃
昏睡状態。心臓が停止することが多い。

34 ℃近くで判断力がなくなり、自分が低体温症になっているかどうか、分からなくなっていることが多い。この判断力の低下は致命的。

 

想像しただけで、寒気がしますね(涙)。低体温症の最初の一歩となる、わかりやすい症状は、歯がガチガチしたり、からだが震え出すことです。この、体が自分で熱をつくりだそうとしている時に対処できると助かります。

けれども低体温症が進行し、判断力が鈍っている時に、大丈夫と聞いても、「大丈夫」と答えてしまうことがあります。これを信じてはいけません。

低体温症で震えている人を見たら「寝るな~寝ると死ぬぞ!」は間違い?必ずしなければいけない○○は?


だから、震えている人をみたら、⚪︎⚪︎すべきです!

さて、ここで問題です。上記⚪︎⚪︎に入る言葉は?

ここで、とっても多いのは、「寝るな〜。寝ると死ぬぞ!」とか言ってほっぺたを叩くシーンを想像されるパターンです。児童向けの漫画などにも書いてあるのを見つけてしまいましたが、ブブー。不正解です。

そんな事が頭にあるからでしょうか?東日本大震災直後、こんなアイデアが紹介され、賞賛されていて驚きました。部屋の四隅にそれぞれ1人づつ寝て、最初に目覚めた人が次の角の人を起こします。起こされた人は次の角の人を起こしに、次の人もまた・・・そうすると、寝ずにすむから死なないんですって・・・・ありえなーい!

低体温症の結果として、体温をからだの中心部に集めて、生命維持を図ろうとするため、眠くなってきます。確かに、ここで、寝ると、自分で体を温めようと震える機能が使えなくなるので、死に至やすくなります。でも、寝るから死ぬわけではなくて、低体温症になった結果として眠くなったわけで、低体温の原因を取り除かないかぎり、ほっぺたを叩いても、隣の角の人を起こしに行こうとしても、(低体温症になった人は隣の人を起こしにいくこともできなくなりますが)低体温症の進行は進みますから、死は免れないですよね。

ここで、⚪︎⚪︎に入れるべきなのは、まず服が濡れてないか確認するということです。山でも災害時でも、少しの汗でも、そのまま服が濡れた状態を維持すると気化熱により体温が急速に奪われます。走って電車に飛び乗った時、車内のクーラーで体が冷えてしまう、あの感じです。

次に濡れた服を乾いた服に着替えさせてください。濡れたまま暖かくなることはありません。低体温症が進行するだけです。濡れたままエマージェンシーシートをかけても全く意味がありませんからご注意を。あの銀色や金色のシートは、体温を放射によってさらに温めるものですから、シート自体が発熱しているわけではありません。濡れて冷めゆく体温を放射してもひんやり感を増しているだけで無意味です。

もっとも、濡れてないか確認&着替えとはいえ、相手の同意を得ずに行わざるを得ないケースもありますから、同意を得られるであろう人の、例えば親子であるとか 同性の方の対応を優先させてくださいね。

ちなみにここでも、テレビや映画、マンガに時々出てくる「たがいに服をぬいで温めあえば助かる」というのも、体温が33度以下になるとブブーです。山岳救助ではNGとされています。低体温症の人の体温の下がり方は急激なので、救助者の体温であたためようとしたら救助者の体温も急激に下がって、死者が複数になると言われています。

軽度の段階での対処法や、中度の場合の医療機関へのつなぎ方、特に、体表面への加温やマッサージも禁止など対処方法が難しいので、確認をお願いします。

テルモ体温研究所
http://www.terumo-taion.jp/health/teitaion2/02.html

「中等度の低体温症の処置」

体温が33~30℃の低体温は、ちょっとした刺激で不整脈を起こす心配があるので、着替えも自分ではさせないなど、十分に注意をはらう必要があります。
* 体表面の加温は禁止

病院に連れていく前に体表加温をしない。裸での添い寝も禁止。 中等度以上の低体温の場合、体表面を加温すると冷たい血液が心臓にもどって中心の臓器などの温度が下がり、ショックを起こすことがある。

手足のマッサージ、心臓が止まっていない場合の心臓マッサージ、手荒に搬出したり、歩かせたりなども避ける。

 

水を防いで水蒸気は外に逃がす「透湿防水素材


そんなわけで、熱が上がると解熱剤という薬が存在しますが、熱が下がったらあげる薬はありません。濡れるというのは、みなさんが想像する以上に、命にかかわるのです。だから、山では濡れないように、レインウェアが最重要装備になっているのです。

静岡の森のようちえん「野外保育ゆたか」での子どもたち。水たまりに空が映っているのを発見。レインウェアがあると、普段の雨も楽しい!

もっとも、かつての山道具は、外からの雨雪を防ぐべく防水性能をあげたのですが、体から出る汗による体温の低下を防ぐことができませんでした。防水と透湿は相反する機能なので、両立が難しかったのです。しかし、1970年代に透湿防水素材が開発されたことにより両立が可能になりました。代表的な透湿防水素材のGore-Texは、1㎠に14億個前後の小さな穴があいており、その穴が、穴より大きな水滴は防ぐけれど、穴より小さい水蒸気は、外に放出できます。これをレインウェアに使うことにより、山で人が死ぬことが少なくなりました。

 

また、透湿防水素材の性能は、透湿性と耐水圧で表示されます。透湿性が高ければ、蒸れません。耐水圧が高ければ濡れません。傘でもこの耐水圧は2000mmのところ、透湿防水素材になると、10000mmを超えています。レインウェアのみで雨は防げるものなのです。20000mmを超えるあたりになれば、大人がレインウェアを着たまま水たまりにすわっても濡れません。それゆえ、雪の上にすわっても濡れません。雨にも雪にも使えるレインウェアということになりますので、いつも雪が降る地方ではない場合の大雪対策とすることもできます。さらに風も通さないため、体感温度を下げません(風速1mで体感温度は1度下がります)。

これで、100均のものを避難袋に入れておくのと格段の違いがある事がおわかりいただけたのでは?

ちょっと雨を避ければいいわけではないのです。地震による避難、洪水による避難で、その後、電気もなく、暖もとれない場所で風雨をしのぐ可能性があるのです。その時、濡れたり、蒸れたりするレインコートを着ると、命を失うおそれがあることをしっかりイメージしていてほしいと思います。

雨の多い日本に住んでいるのですから、レインウェアだけはちゃんとしたものを普段から使う。だから災害時にも使える。そうなれば災害用に特別なものを用意しなくてもよく、普段も快適となると思うのですが、いかがでしょうか?

とはいえ、アウトドアの派手派手レインウェアは、とても通勤に着ることができないと思っている方もいらっしゃるかも。

でも、あるんです!ちゃんと!普通のビジネスコートにしか見えない透湿防水素材のものが。いろいろ出ているので、探してみてくださいね。

透湿防水素材のレインウェアは、お手入れすれば10年くらい持ちますし、リペアもしてくれます。いいものを長く使うということも服が多くなりすぎないコツです。旅行にも便利です。服が多いと、タンスや収納用具が必要になり、転倒防止も必要になってきますので。

ちなみに、お手入れの仕方を知らない方も多いです。詳しくはお店などで聞いていただくとわかりますが、洗濯機もOKです。専用洗剤で洗って、アイロンしたり、乾燥機をかけるのが一般的です。化学繊維=熱を加えるとすぐ溶ける というのは誤解ですからね。難燃性素材ではありませんが、アイロン(低温)は推奨されています。

表示を読まず、熱で溶けると思っている人も多い。低温アイロン可。撥水性能を維持するためアイロンや乾燥機での乾燥がすすめられている


子ども用のレインウェアは赤ちゃんの前抱っこの時のママコートに!


さて、大人は災害時にも普段にも役立つものとして購入できるけど、すぐサイズアウトする子どもが使うには透湿防水素材は高価すぎるのでは?という問題があります。上着とズボンセットで6000円くらいするのです。

わたしも、こどもが小さい時悩みました。でもレインコートのジッパーをながめたら問題が解決しました!アウトドア用レインウェアは、すぐ着脱する必要があり、ジッパーの性能が命にかかわります。そのため、世界中のどのメーカーでも、ジッパーにはYKKを使っている事が多いのです。ジッパーにもいくつか種類があるのですが、大人やこどもの汎用性があるタイプのレインウェアで使われやすいのが、このYKK 5CN かYKK VISLON 4VSです。

 
ジッパーの裏に製造番号があります

同じ製品番号であれば、メーカーが違っても、大人用と子供用をジョイントできます。そうすると、赤ちゃんの前抱っこの時のママコートとして使えます♪

 

これだと、こどもが歩けるようになったら、上着だけ着せてレインコートに、もっとこどもが成長したら、上下で着る・・と、うちでは120cmのレインコートを0歳から6歳まで使いたおすことができました。

そうすると、1年あたり1000円のレインコートを買っては捨て・・とするのと同じ金額で、8時間くらい傘なしで豪雨の中歩き回っても濡れない蒸れない安心のレインウェアをこどもにも着せることができるという訳です。

このとおりにしなくてもいいのです。でも、性能がよいものを長く使う工夫をする、そして日常にも使う・・とすると、災害ではない普段の雨が楽しくなるので、梅雨でも明るい気持ちになれます♪

というわけで、この梅雨は是非、災害時と兼用のレインウェアを試してみてほしいです♪

透湿防水素材は年々進化しているので、ここに書いている以上の驚きの世界が楽しめることもうけあいです!

報道関係者は変わりましたが、政治家の方はまだまだなので、災害視察中継を見ていて心配になります(笑)。この梅雨から変わることを期待しています♪

(了)