長崎への原爆投下
鉄のカーテンの両側で政治家と将軍たちは、もし、相手側がこちらを皆殺しにするなら、相手側も皆殺しにすると保証した。つまり、われわれは人間を抹殺することに同意することで、人間性を維持するのである。

ルイス・ラプハン「化石の森」

核戦争イメージが、冷戦を記憶している人たちをぞっとさせた。

冷戦の種は、1938年12月に、ドイツの科学者が核分裂、すなわち核の連鎖反応によって電力と巨大な爆発のための莫大なエネルギーを発見した時にナチスドイツに植え付けられた。

翌年アルバート・アインシュタインが、ルーズベルト大統領に一通の書簡を送り、ドイツはこの新発見を利用して、新型スーパー爆弾を製造しようとしていると警告した。この危険を理解した大統領は、自分たちのスーパー爆弾の開発を急ぐように、米国政府に命令したのである。これがトップシークレットのマンハッタン計画である。1945年7月16日、ニューメキシコ州アラモゴード近くのトリニティ試験場に、マンハッタン計画の科学者たちが世界で最初の原子爆発を見るために集まった。 

3週間後、米国B-29爆撃機は、原子爆弾第一号の「エノラ・ゲイ」を日本の広島市に投下し21万人を殺した。

その4年後に、ソビエト連邦は自前の装置の試験に成功している。その後40年にわたって、超大国は脅威、プロパガンダ、一か八かの代理戦争で象徴される冷戦に縛り付けられることになる。
両国は、相手方の都市を狙って発射できる、最先端技術のシステムとともに、強力な爆弾の兵器庫を建設した。

米国とソビエト連邦の軍拡競争は、本格的に進行した。真に恐ろしい危機のときに中断されながらも、数十年間変わらぬ恐怖が持続することになる。

ジェフリー・ルイス「我々の核未来」

軍事戦略家は、この危機状況をねじれた心理学的なロジックで正当化する。私の敵は、彼の全てのミサイルを発射しないだろう。なぜなら彼は、われわれに報復ミサイルを発射する十分な時間があることを知っているからだと。

全面攻撃は攻撃者も破滅させるというドクトリンは、相互に保証された破滅として知られ、より適切な頭字語MAD(mutually assured destruction)でも知られている。
MADは秘密ではない。
実際に、核による皆殺しの脅威は絶えず存在し、アメリカ人の意識にも浸透して、われわれの大衆文化を形作っている。これは、おそらくアメリカ人ティーンエージャーとして知られる現象の中にはっきりと見ることができる。

商品を欲しがり、享楽を求める個人は、今すぐにも爆破されるかもしれない世界に生息するのに適している。どうせ存在しないかもしれない明日のことなど考えもしないで、今の瞬間だけを生きている。
            
ジェフ・ニュータル「爆弾文化」

MADが将来のある生活を考えることを不可能したと主張する人もいる。しかし、彼らは間違っている。アメリカ人は将来を心配し、他の誰とも同様に自分たちの生活を計画した。

われわれは、できるだけ簡単な方法で恐怖に対処してきた。それを遮断してしまうのだ。そのために、壁が必要だ。岩のように固く突き破られない壁が、われわれが制御できない力によって、私たちの知っている、また愛しているも全てのものが瞬時に焼き尽くされてしまうという考えを遮断してくれる。
われわれは、希望の壁を築いたのだ。 

頭を引っ込めろ!隠れろ!

核時代の夜が明けると、連邦政府は、この新しく実在する脅威に対する備えを先導した。1950年国家安全保障資源委員会はブルーブックを発行した。その後40年間の民間防衛を指導する162ページのバイブルである。
民間防衛には、教育プログラム、避難計画、そして緊急事態警報システムなど、いくつかの分野がある。また、多くの市庁舎の地階に設置されている緊急初動対応本部につながる政府の業務継続の計画も含まれる。

1950年代から60年代の初めの人々は、民間防衛の教育プログラムを覚えている。バートという名の亀がいて、非常に用心深い。彼が危機に脅かされると、いつも負傷することもなく、何をすべきか承知している。

「頭を引っ込めろ!隠れろ!」子供のときにテレビを見過ぎのわれわれは、緊急放送システムのこのテストのセリフを暗唱することができる。

しかし、連邦政府はこの仕事に熱心ではなかった。独りよがりの自己満足が設立当初から何十年もの間、民間防衛の全ての局面にはびこっていた。この外部機関は10以上の名前に変わり、ついには1979年に連邦緊急事態管理庁(FEMA)となった。さらに、もう一回の組織再編成を経て、最終的に2003年に本土安全保障省の中に入った。本省とこの外部機関との間で押し付け合ったプログラムの予算要求に対して、連邦議会は決して十分に認めることはなかった。

それ以降の数年間、情報活動コミュニティやホワイトハウス、国民全体でも懸念が高まっているにもかかわらず、核脅威に対する計画は分断され、行き当たりばったりで非効率である。

深淵を覗き込む

ヒロシマの47年後ソビエト連邦が崩壊し、冷戦が終わった。しかしわれわれは、今日でも冷戦の遺産とともに生きている。大統領にどこへでも随伴する軍事補佐官は、「核のフットボール」と呼ばれる核兵器の発射コードが入ったブリーフケースを携行している。

現在、冷戦時代と比べると、世界は非常に違って見える。9カ国が核兵器を保有していると知られている。アメリカ合衆国、ロシア、英国、フランス、中国、イスラエル、インド、パキスタン、北朝鮮である。これらの国々で、まとめて1万発の核兵器を保有している。それらのほとんどは、ポラリス(ミサイル)よりも何倍も破壊力がある。

米国の保有する中で最も多い核兵器はW76として知られているが、10万キロトンの爆破力を持ち、または、TNT換算10万トン、ヒロシマとナガサキに投下された爆弾の5倍である。

米国とロシアは核兵器の非常警戒態勢を敷いており、衛星で敵ミサイルが探知され、それが到達するまでの間の短い時間枠(30分)の中で発射することができる。

われわれは、この任務を「攻撃下の発射」と呼ぶ。それには、ほとんど意思決定の時間が残されていない。大統領には、ミサイル警告は信用できるか、報復命令を下すかを決断する時間は5分もない。
同時に、高精度攻撃やサイバーアタックにより、相手方の「首切り」のリスクも増している。これは相当な不安定な状況を作り、偽警告のリスクを高める。

確かでない破滅

これらのリスクにもかかわらず、本土安全保障省の専門家は冷戦時の兵器をあまり心配せずに、爆破によっても生き残ることができ、おそらく管理可能と思われる低い威力の爆弾をもっと心配している。

マンハッタン・ミッドタウンが10キロトン爆弾(北朝鮮が現在試験をしている核兵器とほぼ同じサイズ)で攻撃されると、ミッドタウンの被汚染「ホットゾーン」はゴーストタウンになってしまうだろう。

1マイルぐらい離れて14丁目町の南と53丁目の北では、おおむね被害からは安全である。

科学者は、もし攻撃された場合でも、今実行すれば、数えられない数の命を助けることができるいくつかの簡単な方法を見つけた。長年の核兵器保有国が持っている高性能のメガトン爆弾でも、もっと小型のポラリスのような初心者用の核兵器にも通用する。

最大の問題は、われわれの両耳の間にある

原子の解き放たれた力は、われわれの思考法を除いて、全てを変えてしまった。そして、われわれは未曾有の巨大災害に向かって漂っている。
                   
アルバート・アインシュタイン

もう一つの冷戦の遺産は、私たちの日常生活と核脅威の恐れの間の希望のれんが壁だ。悪いニュースは、この脅威の最高の否定者に、われわれの政府も含まれるということだ。なぜなら、彼らも人なので、われわれが信頼している人たちがこの国の準備をすることをれんが壁が妨げるのだ。

冷戦時代には、われわれの準備は、当然ながら表面的に過ぎなかった。われわれは、決してやる必要のないことの準備をしなければならないのか(みんな死んでしまうのだから)。

しかしそれはその時の事、これは現在の事だ。その時は、われわれは皆死ぬことは確かだった。今日は、大勢の人が死亡することは分かっているが、ほとんどの人は生き残る。当時は、確かに死ぬ人たちのために準備することは無意味だ。今日は、確実に生き残るほとんどのわれわれのために、準備することは絶対必要なことである。

地域に限定されない災害もある

政治のように、全ての災害は地域が限定される。

スティーブン・ガンヤード, ニューヨーク・タイムズ 2009年5月17日

核攻撃の被害者になる以上、おそらく唯一悪いことは、それに対処しなければならない窮地に立たされた人だ。しかし、その人は誰だろうか。誰が、全ての災害の母を”所有している(責任を持つ)”のか 。

被災した市民に対する責任が政府にあると思うなら、それは政府の役人だ。後述するように 、災害の話をする際に、「政府」と言った場合、何を意味しているのか知っておかなければならない。

連邦や州政府に加えて、何千もの郡、市、町の政府がある。
しかし、これは細かいことだ。好むと好まざるとにかかわらず、全ての災害の母が起こると、責任は大統領にあるのだ。

大統領の真実のとき

大統領にとって真実のときは、実に暗い瞬間ではあろうが、携帯電話の衛星写真を見ている舞台裏でないだろう。それはもっと後、おそらくずっと後に来るだろう。ポラリス攻撃のシナリオで見たように、それは3日後、彼のチームが”仕事をする”のを見て聞いた後に来た。「絶望しているニューヨーカーのためにわれわれは何をしているのか?」「やるべきことで、何をまだやっていなのか?」、最後に「これらの事をいつやることになるのか?」といった詰問に対して、何も得られず、ただ無表情な視線しか返ってこない後のことだ。

ついには、「彼らが何をしているのか、誰も知らない。なぜだ?」 という感情が不安から恐怖に、最終的にひらめきへ と変わっていった。
直感のひらめきが真実のときだ。大統領が2つこと、1つは、状況は悪く、聞かされたよりもずっと悪いこと、次に、それに対して全くコントロールできないことであるに気付いたときだ。

選挙で選ばれた指導者が、何もできない窮地の現実を理解したその瞬間は、全く苦痛に満ちている。これらの政府機関(大統領に属する機関)は、問題の責任を持っていると考えていたが、実際には持っていなかったのだ。
そして、これらの政府機関は、問題の責任を持つことを期待されていなかったので、問題を追及し解決させる能力を修得しなかったのである。

この瞬間において、これらの機関は、選挙で選ばれた指導者には多くの意味で無価値である。そして、指導者を無力にする。
真実のとき、室内の雰囲気は説明しがたい。不安と恐怖が心に飛び込んでくる。
そして、嫌悪だ。選挙で選ばれた指導者をその立場に置いた制度に対する嫌悪、弱々しく無力であること彼に隠していた人々に対する嫌悪。 

われわれは、準備せねばならない

ポラリス攻撃のシナリオは、あなたに日常では得られない将来を垣間見ることを与えてくれる。
米国とロシアは、高度警戒の核対応体制を作り上げたが偽警報には脆弱である。北朝鮮は、どんな紛争でも早期に核兵器を使用する戦術を示唆している。記述した出来事は、現実のものである。いまだ発生していない。しかし、起こるであろう。ここではない、今日でもない、どこかで、いつか。

それらが起こると、選挙で選ばれた指導者は、彼の真実のときを持つ。この時に彼は、やらなかったことに対する後悔で満たされる。
それらは、巨大災害に対する準備のために、国全体を動員することのように、日常の些細な事柄である。

しかしながら、つまらないことに思えるが、もし前もって実施されると、われわれの選択肢を増やすことができるのだ。それらが、国さえ救うことができる。
そこで質問が残る。われわれは「今、何をすべきか」と。
その質問には2つの回答はない。ただ一つしかない。われわれは、準備をしなければならないのだ。

(続く)

翻訳:岡部紳一
この連載について http://www.risktaisaku.com/articles/-/15300