講師の多田光信さん、参加されていたヒューマックスの杉谷佳美さんと。当サイトでも杉谷さんの取り組みが紹介されています

気軽にやって楽しい

皆さん、ポリCOOKはご存知でしょうか?! ポリ袋を用いた料理法なのですが、私ついに、念願のポリCOOK講座に参加してきました!

ずっと気になっていたポリCOOK。

人にオススメする事があったにも関わらず、今回初めて作る様子を目の前で見て、試食も体験させていただきました。いやあ。聞くのとやるのとでは大違いでした。億劫な事が全然なくて、ちょっくらできるものなんです。

先に感想を書いてしまいますが、こんなに簡単でいいの? そして、こんなにおいしいの?!

という二つの驚き。それに加えて、「楽しい」というプラスアルファがありました。

多田さんによるポリクックの講座

認定講師制度もあります

実はつい先日、地域の防災部でも、ポリ袋を使ったクッキングの実験があったんです。私は参加できなかったのですが、ご飯の芯がどうしても残ってしまうという失敗談を聞いていたので、どこか期待ができずにいたんです。

それが見事に予想を裏切られました。以前のやり方は、何か間違えていたのでしょうか。

それとも今回は、ポリCOOK認定講師の多田光信さんが作ってくださったから、おいしったのでしょうか?! ビニール袋を使ったお料理方法は色々な呼び方がありますが、この「ポリCOOK」は商標登録もされ、認定制度があります。

https://www.poly-cook.com/kousi

単純な私は、認定講師を目指すのも悪くないなとすぐに影響されてしまいました! それほど、このポリCOOKには魅力があります。

「防災は特別なものではない! 日常生活の延長である!」と、多田さんも作りながらおっしゃっていましたが、まさにこのポリCOOKを普段から使っていたら、災害時も当たり前のように普段の食事ができるんですよね!

温かいし、汚れないし、簡単だし、おいしいし、汚れないという意味と違って清潔でもあります。悪いところがないのではないかな? 旨味も逃げないし、栄養面でも文句なし。デメリットをあげるとしたら、焦げ目がつかないことくらいかと。

実はこの調理法はフランスから入ってきたものらしく、焦げ目をつけたいときは、できあがった後に、バーナーなどで焦げ目をつけるのだとか。この辺ももっと聞いてみたいなぁと思ってしまいました。講座では調理法だけではなくメリットもしっかり習うそうです。

それと、これがないと始まらないのですが、高密度ポリエチレンの袋を準備しないといけない事。

■岩谷マテリアル「アイラップ」
https://www.imcjpn.co.jp/product/a/001_001.html

■日本サニパック「ポリ袋cook」
http://www.sanipak.co.jp/cooking/index.html

ポリCOOKはこうやってポリ袋に材料を入れて温めて作ります

ご飯の水は多め

という事で今回ポリCOOKで作って下さったお料理は3品。

1.パンに牛乳をかけ温めたもの

ちょっと意外だったけど、配給されたパンに一手間加えて食べる方法としてご紹介してくださいました。お子様がいるおうちでは、離乳食になったり、ご年配の方にも食べやすくなるそう。牛乳がなかったら、水でもいけそうだなと思いました。今回、いちごのジャムパンだったのですが、あんパンなどが配られることが多いそうです。

2.スープ2種

⚫︎カレー味のチキンスープ
⚫︎シーチキンのトマトスープ

材料はそれぞれ、
トマトジュース、コンソメ
缶詰のシーチキンor焼き鳥
カレー粉調味料

ちょっとこれ、正直簡単すぎて笑ってしまうんですが、すっごくおいしくて、普段のレシピに加えることに決定しました。

缶詰を使ったお料理といえば、数年前に出演していた番組で、缶詰で新しいおつまみレシピを考案するという企画があり、その時たくさん缶詰を使って料理していたのですが(缶つま本という本も出版されました)この発想なかったなと。

ちなみに、私がたまにやっているスープのレシピはサバ缶をおみそ汁に入れて作るあら汁です。みんなやってるのかな〜?

さて3品目は問題のご飯です。

3.ご飯

米と水をポリ袋に入れ、空気を抜きながらポリ袋の端をきつく縛って30分浸します。その後に鍋に、耐熱皿を1枚敷き、6〜7分目まで水を入れ湯を沸かし、そっと米の入ったポリ袋を入れます。強火で再沸騰後、弱火にして、沸騰を保つ程度に調整し、30分間湯煎します。鍋からポリ袋を取り出し、封を切って中身をほぐしたらできあがりです。

一人分は米60グラムに対し水90グラム。普段ご飯を炊く時よりも水を多めに入れるのがポイントなのでしょうか。懸念していた芯もなく、とてもおいしく炊きあがっていました。

■具体的なレシピはこちら(クックパッド)
https://cookpad.com/recipe/5128851#share_url

そして、おまけのレシピ

切り干し大根と乾燥人参のサラダ

ポリCOOKではなく、こちらは乾物料理です。以前紹介させていただいた、乾物の講座を、多田さんも受けられたようで、ご披露下さいました。

棒寒天と乾燥人参を、果汁100パーセントのオレンジジュースで戻すだけのサラダなのですが、私はまだ家で作ったことがなかったので、改めて見てその簡単さに驚きました。食べてみて、やっぱりこれも普段の料理に加えようと思ってしまうくらいおいしかったです。

今回、耐震施工管理のお仕事をされ、防災備蓄収納プランナー、ポリCOOK認定講師としてもご活躍中の、多田光信さんによる、災害時の在宅避難についての講座を受けました。

災害時の食事の方法の一つとしてのポリCOOKが紹介され、実演が始まると、さながらお料理教室のようになり、一気にアットホームな空気に包まれるのを感じて、食の大切さを学んだ思いでした。

茨城県人会では常総市長からいただいたヘルメットを被って参戦。お隣のブースだった常陸太田市にも防災士がたくさん誕生しているそう!

最近は大雨で、在宅避難ができない場合もあるので、避難所でのすごし方も、今後色々調べていきたいと思います。

(了)