吸血するヒトスジシマカの雌

ネッタイシマカとヒトスジシマカ(図1)という、人の住環境に生息するヤブカ属の蚊によって媒介されるデングウイルスによる感染病が、デング熱とデング出血熱です。感染症新法では4類感染症に分類され、診断した医師は直ちに最寄りの保健所に届け出る義務があります。デングウイルスの感染サイクルは、蚊と人の間でのみ形成されています。近縁のウイルスに日本脳炎ウイルスがあるのですが、人と蚊の間に豚というウイルスの増幅動物が介在する日本脳炎ウイルスとは違う感染サイクルをとっています。2014年8月に東京代々木公園で感染したと考えられるデング熱の発生が突然起き、他の公園でも発生が続き、大きな騒ぎになったことが思い出されます。

 

もともと熱帯・亜熱帯地域で発生する疾病

デングウイルス感染病が見られるのは、媒介する蚊の存在する熱帯・亜熱帯地域、特に東南アジア、南アジア、中南米、カリブ海諸国ですが、アフリカ大陸、オーストラリア、中国、台湾においても発生しています(図2)。全世界では、年間約1億人がデング熱に罹患(りかん)し、約50万人がより重篤なデング出血熱にかかっていると推定されています。大変な数の人が罹患していますが、そのほとんどは小児のようです。デング出血熱罹患者の約2.5%が死亡しています。

日本でも、海外でデングウイルスに感染して国内で発病する事例が増加しつつあります。感染症法施行後の患者届出数は、1999年(1~3月を除く)9症例、2000年18症例でしたが、2010年には初めて年間200例を超えています。2014年の夏季には、160例以上の罹患者を伴う国内での流行が東京の代々木公園を中心に発生しました。

年により罹患者の発生数は変動していますが、デング熱流行地への渡航者数、ことに日本人旅行者が好んで行く地域におけるデング熱の流行状況が、罹患者発生数と密接な関係を持っているようです。

 

日本国内でデングウイルスを媒介するヒトスジシマカ

デングウイルスに感染した蚊に刺されることよって感染した人から、別の人へのウイルスの直接感染は起きません。蚊に刺されることによってのみ人への感染は起きます。ウイルスを主に媒介するネッタイシマカは、1970年代以降国内から消えたため、近年の国内での感染および発病は、ヒトスジシマカによるものと考えられています。ヒトスジシマカの生息する北限は、1950年代までは北関東でしたが、現在では岩手県まで北上しています。従って、国内では北海道を除くほとんどの地域でデング熱の発生が起こる恐れが生じています。

2014年に代々木公園で発生した国内でのデング熱流行

2014年8〜10月に、代々木公園を中心に、160例にも及ぶデング熱の発病例が起こるというインパクトの強い発生が、東京という大都会の中心部で起きました。
この発生の概略を紹介します。2014年8月9日に最初のデング熱患者が出ましたが、罹患者は代々木公園内でウイルスに感染したと推定されました。同年10月31日までに代々木公園およびその周辺だけでも126名の罹患者が出ましたが、東京都区内の公園で合計160名が罹患したと報告されています。それまで、過去の感染病と考えられていたデング熱が、東京の中心部で発生し、大きな衝撃を与えました。改めて、デング熱対策の高い重要性が認識されたのです。

年間を通して大きなイベントが頻繁に開かれ、毎年500万人もの人が国の内外から集まる代々木公園から、デングウイルス感染が始まったと推定されていますが、続いて新宿中央公園(東京都新宿区)や外濠公園(東京都千代田区)、さらには東京都区内の複数の公園でもウイルス感染場所と思われた患者が多数発生したという前例のない事例でした。

1.なぜ、代々木公園の蚊はデングウイルスに感染したのか?
人がデングウイルスに感染するためには、その地に生息している蚊がデングウイルスを体内に保有していることが必須の条件になります。人がデングウイルスに感染した場合、発病するまでの潜伏期間は、通常3~6日です。従って、8月9日に発病した最初の罹患者が、蚊に刺されて感染した日は8月3~6日と考えられます。デングウイルスの混入した人の血を吸い込んだ蚊が、そのウイルスを人へ感染させる伝播能力を獲得するには(有毒化)、さらに8~10日かかります。代々木公園の蚊は、7月23~25日にデングウイルス混入人血液を吸い込んだと考えられます。

確かに、2014年7月23~25日、代々木公園ではさまざまな国から訪れた大勢の人々の集まる大きなイベントが開催されていました。このときに、代々木公園で生息していた蚊が、デングウイルスに感染していた国外からの参加者たちから吸血、有毒化し、そのために人への感染を起こしたと考えられています。
引き続き、新宿中央公園でも発生がありましたが、代々木公園と同じウイルス遺伝子が見つかっています。これは、人の移動が関与していた可能性が考えられています。

2.関東圏外で報告されたデング熱のウイルス遺伝子から分かること
同じ2014年夏に、兵庫県でもデング熱罹患例が報告されています。興味深いことに、この罹患者から分離されたウイルスの遺伝子が、代々木公園のデングウイルスと同一のものであったことが分かっています。兵庫県の罹患者と同じ居住地域に居住している人が、たまたま東京に出向き代々木公園などでデングウイルスに感染してしまい、兵庫県の居住地域に生息する蚊が、この東京から兵庫県に戻った人から吸血し、別の人にウイルスを感染させた可能性が考えられています。

その他17道府県での発生が2014年に起きています。その中で、静岡県の居住者が、デング熱に同時期に罹患したという報告もあります。この患者から検出されたデングウイルス遺伝子は、代々木公園を中心に流行したデング熱患者からのウイルスとは分子遺伝学的に異なることが分かっています。このことから、様々な国では、さまざまな遺伝子から成るデングウイルスが存在し、それらのデングウイルスに感染した多くの人たちが、同じ夏に、日本国内各地で発病していたのではないかと考えられています。

3.今後も代々木公園でデング熱は発生するのか?
年間を通して大きな催し物が開催され、世界から多くの人が参集する代々木公園内などでは、これからもデング熱の大きな発生が起こる可能性のあることをまず考えておく必要があります。

幸いなことに、デングウイルスを保有して有毒化した蚊が産卵しても、その卵から孵化(ふか)した幼虫のデングウイルス保有率は低いといわれています。従って、公園など蚊の生息できる条件が備わっている環境での蚊の駆除を丹念に行えば、これから起きるかもしれないデングウイルスの国内での常在化を防ぐことは困難ではないと考えられます。デングウイルスを媒介するヒトスジシマカが生息し、繁殖している場を突き止め、一つ一つその危険箇所を潰していくことが必須になります。

デングウイルス感染病で特徴的な症状は

デングウイルスに感染した場合、約50~80%は発病せず無症状のまま終始する(不顕性感染)と考えられています。

1.デング熱
デングウイルスに感染して発病した患者の大多数にみられる症状は、デング熱と呼ばれる一過性熱性疾患です。すなわち、ウイルス感染後3~7 日目に、突然の発熱で始まり、頭痛、目の奥の痛み、筋肉痛、関節痛が続き、食欲不振、腹痛、便秘を伴うこともあります。発熱のパターンは二峰性になることが多いようです。発病後、3~4日後より胸部、体幹から始まる発疹が出現し、四肢、顔面へ広がります。鼻や歯茎からの出血、点状の出血、あざ状の内出血も起きます。これらの症状は1 週間程度で消失し、通常後遺症なく回復します。

2.デング出血熱
デングウイルス感染後、デング熱とほぼ同じ症状の経過を示した患者の一部が、突然、血漿(けっしょう)漏出と出血を主症状とする重篤なデング出血熱に進むことがあります。症状は、発熱が終わり平熱に戻りかけた時期に現れるのが特徴です。放置すると死に至ることがあります。

患者は不安、興奮状態となり、発汗がみられ、ひどい腹痛または執拗な嘔吐、皮膚の赤い斑点、鼻や歯茎の出血、吐血、タール状の黒い便、眠気や興奮状態、肌の血色が悪くなったり肌が冷えたり湿っぽくなることがあります。呼吸困難を伴うこともあります。

高率に胸水や腹水がたまります。また、肝臓の腫脹、血小板減少、血液凝固時間延長がみられ、細かい点状出血が多くの例で確認されています。さらに、10~20%の例で鼻出血、消化管出血などが見られます。

診断:ウイルス検査が必要
デング熱の疑われる症状が発現した場合、ウイルス検査を行い最終的な診断をする必要があります。採血して、デングウイルスに対する抗体、デングウイルス抗原を検出する方法がありますが、検査のできる機関は限定されています。しかし、デング熱流行地から帰国して、デング熱が疑われる症状が出た場合、あるいは海外渡航歴がなくても本病が疑われる症状が出た場合、医療機関で受診することが必要です。

治療:根本的な治療薬はなし
本病に対する根本的な治療薬は開発されていません。通常のデング熱の場合には、対症療法としての輸液や鎮痛解熱剤投与程度にとどまることがほとんどです。ただし、解熱鎮痛剤としてサリチル酸系統のものではなく、アセトアミノフェンが勧められています。

重症なデング出血熱の場合には、循環する血液量の減少と、血液の濃縮が問題になりますので、適切な輸液療法が重要となります。時には、酸素投与や重炭酸ナトリウムの投与なども追加されます。

予防:流行状況の事前確認が大切
デングウイルス感染病の危険な国に出掛けなければならないときには、渡航先のデングウイルス感染病の流行状況の情報を、渡航前に十分に得ておくことが何より必要です。蚊が媒介する注意を要するウイルス性の感染病は、デングウイルス感染病以外にも多数あることを認識しておくことも必要です。

渡航先では、蚊に刺されない工夫が重要です。蚊に刺されない方法として、長袖、長ズボンの着用、昆虫忌避剤の使用、就寝する際には昆虫忌避剤を担持した蚊帳(かや)の使用などが考えられます。ワクチンの開発はまだのようです。
地球温暖化の進んでいる現在、日本国内においても、蚊の駆除の徹底化は従来よりも重要になっています。

(了)