鬼怒川氾濫(常総市の3分の1が水没)

大河・鬼怒川

今年も洪水の季節を迎えた。私は洪水問題を考える時、東大名誉教授高橋裕氏の名著「洪水論」の一節を思い出すことを常とする。

「水害対策といっても何を防ぐかを明確にしておく必要がある。というのは、我が国の現状からみて、突如いかに予算に恵まれたからといって水害を根絶することは非常に困難と思われるからである。当然そこで重点主義を採用すべきである。それはまず人命と財産を制度上もすなわち責任上も明確に分離することである。そして人命を救うことに水害対策の最重点を向けるべきである」。

平成27年(2015)9月、関東・東北豪雨で鬼怒川が決壊し、茨城県常総市は市域の3分の1が濁流に没した。各地で計画高水位を超え流下能力を上回る激流となった。7カ所で溢水し、常総市三坂町で堤防が決壊した。浸水域は常総市役所本庁舎にまで広がり、同市の大半の田畑が泥沼に水没して豊かに実った水稲は廃棄処分された。 その間、被災者から必死の救助要請が消防署に殺到した。市民の逃げ遅れが続出し、ヘリやボートなどで計4258人が救出される異常事態となった。災害時における逃げ遅れ問題が大きくクローズアップされた。国土交通省はハードとソフトの両面から水害の減災を図る計画である。大惨事から4年が過ぎようとしている。決壊堤防の修復をはじめ下流の堤防強化工事は既に終了している。

一級河川鬼怒川は、栃木県北西部の標高1500メートルを越える日本一の高層湿原・鬼怒沼湿原に源を発し県東部を貫流する。栃木県との県境に近い茨城県西部の田園地帯を小貝(こかい)川と平行して南に流下し、守谷市で利根川と合流する。流域面積は1760.6平方キロ、幹川流路延長176.7キロで、利根川支川の中で最長の河川であり、関東地方東部を代表する大河のひとつである。上流の栃木県内で川幅が極端に広く、下流の茨城県に入ると川幅が極端に狭くなるという特異な流路となっている。鬼怒川は「鬼の怒る川」の名の通り、昭和初期までは洪水の歴史そのものの「暴れ川」だった。その恐ろしさは水源地の日光山岳部に降った大雨による激流が、わずか1日で鬼怒川を下り利根川に流れ込むという異例な速さにあった。

江戸期の洪水と治水策

江戸時代初期の寛永6年(1629)、それまで合流・分流しながら湿地帯に流れ込んでいた鬼怒川と小貝川が分離され、ほぼ今日の流路に固定された。数次の開削を経て鬼怒川が利根川の一大支流になったことは画期的な流路変更であった。これに伴い、新田開発が進められ、数千町歩(1町歩は約99アール)の飯沼新田が開発された。小貝川下流域では江戸前期、常陸谷原(やわら)3万石、相馬谷原2万石の新田が開発された。一大穀倉地帯の誕生である。

江戸中期(18世紀初頭)に支流男鹿川に山崩れで出現した天然の五十里(いかり)湖(現在の栃木県北部の五十里ダムの位置、五十里は江戸から50里の地にあることから命名、1里は約4キロ)が享保8年(1723)大崩壊し下流域一帯が大洪水(五十里洪水)に見舞われた。鬼怒川の歴史を考えるうえで避けて通れないこの大惨劇を確認する。五十里湖の出現は大崩壊から40年前の天和3年(1683)にさかのぼる。下野国北部山岳地方から会津方面は同年5~9月にかけてたびたび地震に襲われた。相次ぐ地震のため、葛老山(かつろさん)の側面が東側直下の渓谷をつくる五十里川(男鹿川下流)とその沿岸を通る会津西街道に向って崩れ落ちた。崩落した山のような土砂の量は100万トンを下らない。葛老山の大崩壊が五十里川と会津西街道を遮断した地点は、日光神領・宇都宮藩領・会津藩領の山岳領地が背中合わせとなって境界線をつくっている個所だった。

年貢輸送用の街道として会津西街道を重視してきた会津藩にとって、江戸表につながる街道の途絶は大打撃であった。しかも崩れ落ちた岩石土砂の山が渓谷の流れをせき止めてダム状態となり、五十里川・男鹿川・湯西川に出現した湖水は天然の一大五十里湖に生まれ変わった。五十里村と川西村は湖底に没した。

悲劇が追い打ちをかけた。暴風雨は男鹿川や湯西川に大洪水をもたらし、五十里湖の水位が急上昇した。この水圧により、五十里湖をせき止めていた岩石や土砂が一気に押し流された。40年間、五十里湖として湛えられてきた湖水が土砂をともなった激流となって一気に流れ下り無防備の流域を襲っていった。凶暴な乱流は黒雲のように空から覆いかぶさるように襲ってきた。鬼怒川の中下流部は大被害をうけ、流域の農民はこの恐ろしい大洪水を「五十里水」と呼んだ。「怒り水」の恐怖だった。被害は鬼怒川下流から利根川べりにまで及んだ。山津波のような奔流は氾濫を続け、1万人余りもの人命や多数の牛馬をのみ込んだとされる。
                   ◇
鬼怒川は、一方で江戸時代から水上交通(舟運)の要路として重要な役割を担ってきた。鬼怒川上流の阿久津河岸(現栃木県高根沢町)は会津方面などからの廻米や木炭などの積換え港として栄え、下流の宗道河岸(そうどうかし、現茨城県下妻市千代川)や水海道河岸(現同常総市)は鬼怒川水運の拠点として発達した。江戸時代は「人は陸、荷物は川」といわれ大きな荷物や米俵は船で運ぶのが一般的だった。

宗道河岸では、水路が弓なりに大きく東へ湾曲していた。水深が深く普段は穏やかな流れで河岸に適しており、船問屋が軒を接して建ち並ぶ桜の名所でもあった。だがいったん洪水に襲われると大氾濫を起し大災害をもたらした。堤防を強固に築き上げることは舟運を妨げることになりかねないとして、堤防構築や蛇行・湾曲部の直線化(ショートカット)工事は行われなかった。

明治時代に入り、政府はオランダ人お雇技師ムルデルらに治水対策を命じた。だが大きな成果は得られず、明治43年(1910)8月関東一円を襲った大洪水は「100年に1度」と言える大水害となり、帝都東京の東部低地は水没した。政府に荒川放水路開削(主任技師青山士)を決定させ、利根川とその一大支流鬼怒川の大改修計画を実施する契機となった。

一方、鉄道開通によって、鬼怒川舟運は急速に凋落した。中でも、宗道河岸の衰退はひときわ目を引くものであった。料亭や旅館は相次いで店をたたみ、腕を競い合った船頭たちも日雇いなどの力仕事の労働者に職を替えていった。大正15年(1926)の郡役所廃止とともに宗道村に集中していた地方行政機関も移転して、宗道村は貧しい村落に姿を変えた。

内務技師青山士の改修計画

内務技師青山士(鬼怒川時代)

大正15年、鬼怒川改修計画が策定された。ここで内務省(国土交通省前身)主任技師青山士(あきら)が手掛けた鬼怒川改修工事計画の概要を見てみる。上流から下流までの総合的治水策である。
(1) <上流対策>堰堤(ダム)建設:最上流の栃木県塩谷郡三依村(みよりむら、現日光市)関門(地名)にロックフィル・ダムを建設する。(今の五十里ダム、ロックフィル・ダムは岩石を積上げて構築するダム)。
(2)<流域対策>河道改修:蛇行が甚だしく洪水の流下に支障のある宗道河岸付近については、これを解消するため新たに直線河道を開削することにする。この時、内務省土木局が鬼怒川改修工事の一環として計画したのが鎌庭捷水路(しょうすいろ、ショートカット)掘削工事である。鬼怒川右岸大形村(現下妻市千代川)大字鎌庭地先から下流に向かって短絡する直線コース・延長2050メートルの新しい河道を掘削し、従来の湾曲部の河道を2350メートルも短縮させる計画であった。ほぼ半分の距離に短縮させる一大工事で、上流や下流の流れに大きな影響をもたらす工事でもあった。
(3)<下流対策>遊水地築造:洪水調節のため、利根川本川沿いの千葉県田中村(現我孫子市)から我孫子町(同)にかけて田中遊水地を、また茨城県北相馬郡の菅生沼に遊水地をそれぞれ築造するものとする。
                  ◇
政府の利根川改修計画に基づいた大事業が利根川本流の全流域に渡って進められていた。明治33年(1900)は、利根川近代改修史の出発点となった記念の年である。明治期の公共事業の中では最大級と言える利根川改修工事は、この年から開始される。欧米の最新機材や工法を導入した大規模工事は、利根川下流部からさかのぼる形で展開され、第一期は河口から千葉県佐原町(現香取市)まで、第二期は佐原町から茨城県取手町(現取手市)まで、第三期は取手町から群馬県芝根村(現玉村町)までであった。一大工事は、第一期改修工事着手以来、30年の歳月をかけて昭和5年(1930)に終了した。その間も利根川流域は大洪水に繰り返し見舞われた。

青山の直属の部下だった安芸晈一(あきこういち、内務技師、1902~85)は東京帝大土木工学科を卒業後、鬼怒川改修工事に配属された。安芸は追想する。

「その当時(大正末期)の鬼怒川改修工事の主任技師は青山士さんであった。青山さんは当時荒川上流の改修工事を担当し、鬼怒川は兼務ということで、月に十日ほどしかこちらに来られなかったのであるが、学校(帝大)を出たばかりの私には、川治(栃木県北部)での、それから鎌庭(茨城県下妻市千代川)、川島(現同県筑西市)での青山さんとの接触は何よりのものであった。青山さんは、私たちの本当の異色の先輩であった」。
「私はお会いする機会のあるごとに、パナマ運河のお話を伺った。せっかく渡米されたのではあるが、事情でパナマ運河の再開がしばらく遅れ、その間には鉄道会社に勤められて、測量に従事されたという。アメリカ人のポール持ちで、自分は測量器械をかついで後を追うのが大変だったとのこと。アメリカでは測量する人が自分で器械をかつぎ、自分で据付け、自分で読み取り、助手にノートさせるというのであった。パナマ運河の開削が再開されてからはそちらに移られ、初めのうちは測量班の班長としてしばらく天幕生活をされたそうであるが、班長は班員がとってきた野帳(やちょう)を夜通し整理して、これを翌朝班員に渡し、自分はそれから寝たのだと言われた。青山さんはその後、ただ一人の外国人技師としてガツン人造湖の築造には副技師長を勤めておられた。
そしてパナマから帰国されたのが明治の終わり頃であって、それから内務省に勤められることになり、荒川の放水路の開削に従事されてから、荒川上流改修工事の主任技師となられたのであった」。
「ある時、青山さんから鎌庭の捷水路のことで注意を受けたことがあった。青山さんの言われるのは、『川は上から下へ流れるのだ、途中に上下流との関係のない形の川がはいったのでは、いろいろな段階の流量が円滑に流れるとは思われない、掘削土量が少しくらいは増えてもよいから、そのところをもう少し考えたらどうだ』と言われたのであった。そこで私は、捷水路の上下流それぞれおよそ5キロの間からいくつかの断面をとり、これを重ね合わせて、その中から適当な断面の形を決め、これを計算でチェックして青山さんの承認を得たことがあった。私には、このわずかではあったが、親しく接触する機会を持つことができたのは何よりのことであった」(安芸晈一「わが師・わが友」の「川は流れている」)。

青山の鬼怒川治水策は戦後になってほぼ計画通り実現された。

小貝川の決壊

鬼怒川とほぼ並行して流れる小貝川は昭和56年(1981)と同61年(1986)に堤防が決壊し流域に大被害をもたらした。56年8月、台風15号が襲来し、小貝川高須橋上流左岸が決壊した。床上浸水1569戸、被害総面積3300ヘクタール、当時の竜ケ崎、藤代、利根、河内、新利根の1市2町2村が浸水被害を受けた。61年8月、台風10号が襲来し、下館での雨量は381ミリに上った。小貝川流域は各地で浸水した。当時の下館と石下で堤防が決壊した。浸水面積4300ヘクタール。浸水家屋4500戸という大被害となった。下館市母子島(はこじま)地区の被害は甚大で、浸水家屋4479戸、床上浸水1473戸に上った。

政府は被災地母子島地区に対する激甚災害対策特別緊急事業(「激特事業」)に乗り出し、総事業費208億円を計上した。9.6キロの河川区間を改修し、母子島5集落の108戸を盛土した1カ所に集中移転し、さらには広大な遊水地(面積160ヘクタール、治水容量500万立方メートル)を造成した。盛土した地域への集団移転と遊水地の造成とを組み合わせた画期的な治水事業だった。

参考文献:国土交通省資料、常総市役所資料、筑波大学附属図書館資料。

(つづく)