(写真:NPO法人日本トイレ研究所)

1. トイレ問題が引き起こす2つの深刻な事態

前回の記事では、「水洗トイレはシステムであること」「トイレは、備えや支援から抜け落ちやすいこと」「排泄は待ったなしであること」を書きました。

簡単にまとめると、大きな地震や水害のときは水洗トイレが使えなくなります。ですが、発災後6時間以内に約7割の人がトイレに行きます。トイレの備えがなければ、トイレが大小便で一杯になり劣悪な衛生状態となります、という内容でした。
■第1回 災害時に水洗トイレは使えなくなる?

もちろん劣悪なトイレは超不快なので、それだけでも問題なのですが、そこが問題の本質ではありません。先に結論を言うと、トイレ問題は命にかかわります。トイレ問題が引き起こす2つの深刻な事態とは「一人一人の健康被害」と「集団での感染症」です。いずれも関連死につながる重大な課題として認識すべきです。

では、1つずつ解説します。

2. トイレ問題が起因となる一人一人の健康被害とは?

1つ目は「一人一人の健康被害」です。

排泄は、自律神経の中でも副交感神経が担っています。副交感神経はリラックス状態のときに優位になる神経です。つまり、排泄には安心できるようなトイレ環境が必要ということです。

ですが、被災者の方々に災害時のトイレのことを聞いてみると「真っ暗で怖い」「寒くて(暑くて)外のトイレに行きたくない」「ものすごく混んでいる」「男女分けされていない」「和式トイレなのでしゃがめない」などの困りごとが挙げられます。

人によってトイレが使いづらいと感じる内容は異なりますが、1つでもトイレに行きたくない理由ができてしまうと、できるだけトイレに行かなくて済むように、水分摂取を控えてしまいます。ただでさえ極度のストレスで弱っている中、水分摂取を制限してしまうと、どうなるか分かりますか?

血圧上昇、体温低下、脱水などで体調を崩してしまいます。それが引き金となり、脳梗塞、心筋梗塞、肺塞栓、誤嚥性肺炎などで死に至ることもあります。
つまり、トイレが原因で命を落としてしまうのです。

だからこそ、災害時にも安心して使えるトイレが必要です。

写真を拡大 出典:避難所におけるトイレの確保・管理ガイドライン/内閣府(防災担当)

3. トイレが感染症の温床となる

2つ目は、集団での感染症です。不特定多数の人が集まる場は、感染症のリスクが高まります。特に避難所などでの密集生活では集団感染が起こりやすくなります。災害時は、十分な栄養摂取や睡眠ができないため、免疫力が下がっていますし、掃除や手指衛生も徹底できません。このような状況下で、不衛生なトイレを共用することは集団感染につながります。

写真:石巻圏合同救護チーム

東日本大震災の避難所で聞いた話を紹介します。この避難所では、断水時、取っ手付きの大きなプラスチックボトルをトイレに置いておき、それを使ってトイレに水を流すようにしていました。バケツで流すより使いやすいからそのようにしたそうです。しかしこれが原因で、感染性の胃腸炎が広がったとのことです。排泄物が手を介して取っ手に付着し、それが使う人の手を汚染したことが考えられます。すぐに取っ手付きのプラスチックボトルの使用は禁止になったとのことです。

トイレは例外なく全員が使います。だからこそ皆で協力して衛生を保つ必要があります。

以上、トイレ問題が引き起こす深刻な事態についてまとめてみました。

繰り返しになりますが、トイレ問題は命にかかわります。言い換えるとトイレ対策は関連死対策ということもできます。

企業には、従業員や来場者などの安全確保が求められます。そして、安全確保の次は助かった命を継続するための健康確保が必要です。そのためには、トイレ対策が欠かせないということがご理解いただけたかと思います。

まとめ
□トイレ問題は「一人ひとりの健康被害」と「集団での感染症」につながる
□トイレに行くのが嫌だと感じてしまうと、水分摂取を控えてしまう
□水分摂取を控えることで、体調を崩し死に至ることもある
□トイレ対策は従業員と来場者を守るためには不可欠である

(了)