楽しい川遊び♪

猛暑日!熱帯夜!暑さが続く・・なんて聞くと、週末は海や川にお出かけという人も多くなりますね。

そんな水遊びに水をさすのも、水に水で???ですが、水辺の事故で、毎年どれだけの命が失われているかご存知ですか?

警察庁によると、昨年度の死者・行方不明者数は791名。うち15歳以下は、53名にも及びます。

警察庁「平成27年における水難の概況」
http://www.npa.go.jp/safetylife/chiiki/h27_suinan.pdf

私、思わず「川でケガをした人も含む水難事故全体数の間違いかな?」と見直してしまいました。でも、「死者、行方不明者数」で間違いありませんでした。

イメージよりずっと多くないですか?しかも、これ、昨年だけの傾向ではありません。毎年だいたいこんな数字です。

少子化と言っていますが、年間50名のこどもの命が失われているなんて!災害で1度に791人も亡くなったら、世界を駆け抜ける大ニュースですよね。なのになぜ毎年、死者を減らせないのでしょう?

その要因について思い当たるところがあります。ここの理解が薄いから災害対策が間違っていると感じていた事例があるのですが、水辺の事故も同じ要因ではないかとにらんでいます。

その要因とは・・・

「水辺」とひとくくりにされてしまって、川と海の違いが理解されていないことです。

「水辺の事故が増えています。そこで、こんな対策を専門家に聞きました!」という報道を、今年も目にしました。そして、海と川を一緒にしているものが多いのです。

でも、全然違いますよ。海のアドバイスは川に使えません。

決定的に違うのは、海水は、比重が1,023であることです。水の1よりも重たいため、人が浮かびやすいのです。

これに対し、川は、水の比重は1なのですが、場所によっては、空気がたくさんはいって泡だっている場所があります。専門用語でホワイトウォーターと呼ばれる空気含有量が40〜60%程度ある場所です。そこでは、軽い空気が入っているため、比重が1よりも小さくなります。水が軽くなってしまうため、人が相対的に重たくなりますから、人は沈みます。

川の事故に泳ぎのうまいへたは全く関係がない。だからライフジャケットが必須

泳ぎがうまいとかへたとか、全く関係がないのです!浮力がないと川では人が浮かぶことができない場所があるということです。

だからこそ、川ではライフジャケットが必須です。加えて、場所によってはライフジャケットの浮力があっても浮かばない場所があることを知っておいてください。

浮力のあるライフジャケットを正しく着用すれば沈まず、楽しく遊べる場所が増える

そんなわけで、海でできたからって川ではできないのです。海の専門家のアドバイスは川では役にたたないのです。海と川を分けて考え、報道してほしいと思っています。

また、日本の川は海外の川と違って、急峻で流れが早いと小学校で習っていますよね。流れが早いと、流れの向きに垂直に面が受ける圧力、動水圧が高くなります。

しかも、流速に対し、2乗で高くなるので、流速が2倍になれば、動水圧は4倍!見た目が早くなれば、面で受ける力はさらに強く、簡単に体の自由を奪います。岩などに人をはりつけてしまう力になるということです。

さらに、川では水が常に動いているため、地形(勾配、川幅、川床、岩など)の変化にともなう流体力学的な様々な水理現象が生じます。

なんていうと、難しいですが、海では「離岸流(りがんりゅう)」という沖に流される危険な流れの方向は決まっていますが、

離岸流とは、海岸の波打ち際から沖合に向かってできる流れのこと。幅10m前後で生じる局所的に強い引き潮。海浜流系の一種。(wikipediaより引用。詳細はコチラ


川では、川下にだけ流されるわけではないのです。

川の水面と川底の流れが違っているところもあります。浮遊物を川底に沈めるダウンフォースと呼ばれる力も発生しています。

なぜか人工物近くが安全と思っている方が多いのですが、人工物付近の水流はとても複雑です。

写真を拡大 公益財団法人河川財団「水辺の安全ハンドブック」P10から転載。 100円+税で川の安全についての必須の情報が満載なのですごくおすすめです!! 川に行くなら一度は目を通してほしい本です。(資料提供:河川財団) 申し込みは同財団HPより http://www.kasen.or.jp/mizube/tabid129.html

堰堤(えんてい)で遊ぶ方も多いですが、下記の図をみてください。ドラム式洗濯機の渦のようなリサーキュレーションと呼ばれる脱出が困難な渦が発生しています。堰堤を含む河川工作物が原因の事故は、水難事故全体の15%にもなっているんです!

写真を拡大 「水辺の安全ハンドブック」P10から転載(資料提供:河川財団)

ライフジャケットを必ず着用したうえで、場所を選ぶ。それが川で遊ぶ常識だと思ってください。

場所の選び方は、河川財団の全国の水難事故マップを必ずチェックしてみてください。事故が同じ場所で起こっているのがよくわかります!

河川財団の「全国の水難事故マップ」。関東地方だけでも真っ赤っか!http://www.kasen.or.jp/mizube/tabid118.html

昔はライフジャケットなんてつけてなかったなんて言わないでくださいね。昔も今も年間50人近くのこどもが亡くなっているのですから。

水難救助のプロもライフジャケットは必須

水難救助のプロも川に入る時はライフジャケットをつけています。

アウトドアの「レスキューハンドブック」などの著者としても有名で、レスキュー隊員に水難救助法をレクチャーする藤原尚雄さんにお聞きしたら、ライフジャケットの装備は「もっとも原則的な安全管理で、もっとも絶対的な必須要件です。」とおっしゃっていました。

藤原尚雄さん 日本リバーガイド協会常任理事
日本レスキューインストラクター協議会代表
レスキュー3インターナショナル公認救助技術インストラクター
消防大学校警防課程/救助課程/消防防災航空課程非常勤講師
 
国土交通省大学校河川研修課程講師 


他にも、「川での事故は瞬間的に起きて、ライフジャケットの着用がなければ1分後には致命的な状況になります。が、そこから救助したり発見するのには1分以上の時間が必要です。川で事故が起きると致死率が非常に高くて、救助が陸上に比べて非常に難しいこと認識してください。」とのメッセージをいただいています。

ライフジャケットは、シートベルトと同じくらい必要なものと理解していただけたでしょうか?

大人も必ず着用してくださいね。

子どもの事故は子ども単独ではなく、大人同伴の時も同様に起こっています。ライフジャケットなしで救助はできません。そして、こどもは脱げにくい股下にもストラップのあるものを選んでくださいね。

股下ストラップのある、こども用ライフジャケット。ライフジャケットは自分の体重の10%以上の浮力を目安にします(一般的には7〜8キロの浮力があります)ホワイトウォーターでは、高浮力のものにしてください。正しい着用で、頭部を水面にだし、呼吸を確保します。(画像提供:モンベル)

ところでライフジャケットの必要性は充分理解した。それほど川に危険な場所があるなら、もう川遊びは怖いからやめよう。こどもに危ないから絶対に近づかないように言おうと思った人もいるのかもしれません。

でも、その発想が逆に危険になってしまうのです。

先日川遊びのレクチャーをした際、大人になってから、ちょっと流されてみようと遊んでいたら、リサーキュレーションにはまって、命を失いかけたという参加者がいらっしゃいました。

親が行くなと言っていても、その言いつけは大人になってまで守ってもらえません。15歳以下のこどもが年間50人に対し、大人は年間650人亡くなっているんですから。

一生命を守るスキルは、「行かない」ではなく、「どこが危ないか」「何が危ないか」「どうすればよいか」をこどもに伝えることだと思います。

では、ライフジャケットをつけた上での正しい流され方、ご存知ですか?ほとんどの方が流された時の助かり方をしりません。それでは事故が減らないのは当然だと思います。

ホワイトウォーターフローティングポジションを覚えてください。

ホワイトウォーターフローティングポジション

足は下流にむけて、上を向いて浮き、両腕でバランスをとり、足から進んでいく姿勢になります。そして、つま先は水面にできるだけあげてください。岩が足先にあれば、浮かんだまま岩を蹴って方向転換します。

足がつきそうであっても立とうとしてはいけません。川底の石などに足がひっかかり(フットエントラップメント)、動水圧を受けることで水中から顔をあげることができなくなります。このようなことになると、ライフジャケットをつけていても致命的になります。

河川財団「水辺の安全ハンドブック」P11から転載(資料提供:河川財団)

それでも楽しい川遊び!

でもね。安全な場所でこのホワイトウォーターフローティングポジションで流されるの、すごく楽しいのです。各地の人気アウトドアアクティビティになっているくらいです!

また、ロープの投げ方と助けてもらうときのロープのつかみ方、それも練習していただければと思います。

写真を拡大 河川財団「水辺の安全ハンドブック」P3から転載(資料提供:河川財団)

 

「水の安全ハンドブック」によると、平成15年〜26年までの子どもの場所別水死者総数をみると、河川がダントツの46.3%になっています。となれば、川の対策ができれば毎年の死者数は必ず減らせるのです。

河川財団「水辺の安全ハンドブック」P0から転載(資料提供:河川財団)

最後に、このところ、とっても質問が多いことをひとつ。学校で「ウイテマテ」を練習したので、「川でもライフジャケットがなくても大丈夫なんですよね」という質問が・・・。

背浮きによる「ウイテマテ」の説明はこちら

これだけ書いたので、みなさんは、川でライフジャケットが必須っておわかりですよね。上記サイトの中でウイテマテを提案された水難学会会長の斎藤秀俊さんのコメントも「子どもには最初から救命胴衣を着せておくとよい」とあります。

ウイテマテは何も持っていなかった時の最後の救命手段として、是非とも知っておいて欲しいですが、最初から川に行くなら、ライフジャケットをつけなければいけません。なにせ、川では浮いていられないところがあるのですから。ウイテマテを習ったからといって、ライフジャケットをつけなくていいなんて誰も言ってませんよーー!!!

前述の藤原尚雄さんによると、「湖、池など水が流れていない場所で、周りに助けがある場合は有効かもしれませんが、流れがある場所では、物理的な要因から補助浮力なしで浮いていることは困難を極めます」とのことでした。

川には浮いていられない場所がある!
河川財団「水辺の安全ハンドブック」P11から転載(資料提供:河川財団)

もうひとつ。川で足首あたりの深さしかない川でもライフジャケットを使うべきかどうかもよくある質問です。

この質問に対し、藤原さんは「その人の能力や環境にもよるので、足首ぐらいの水深でもライフジャケットを着用すべきとは一概には言えません。が、しかし、今いる場所が浅くても、プールや人工河川と違って、川は水深が一定ではありません。急に深みがある場合もありますし、大人の膝下ぐらいの水深で子供が溺死したケースも少なくありません。リバースポーツの指導者や河川救助のプロたちのように業務として川で活動する者は、水深の如何(いかん)に関わらず、「『水がある環境では必ずライフジャケットを着用』と肝に銘じ実践しています」と話しています。

いかがでしたか?川ではライフジャケットを必ず着用して、ホワイトウォーターフローティングポジションを覚えて、今年こそ事故がなかった!という年にしましょう!楽しい水遊びになりますように♪

(了)